消化

マクロゴール4000

私たちを取り巻く世界、現代のライフスタイル、ファストフードは、人体に影響を与える要因であり、内部システムの健康状態や個々の臓器の機能的能力に反映されます。通常の活動からの病理学的逸脱として非常に一般的なこれらの症状の1つは、慢性便秘の形での腸の安定した機能の侵害に起因する可能性があります。

今、この問題に対処するのに役立つ多くのツールを見つけることができます。マクロゴールは、同時排便の効果を発揮するだけでなく、体全体に刺激効果を発揮することで際立っています。

薬の一般的な特性

マクロゴール-小腸のクレンジングに

マクロゴールの活性物質はポリエチレングリコールであり、これは腸に入り、水素結合の多重形成に寄与する高分子物質であり、それにより体内に体液を保持し、浸透の効果を示します。

物質自体は吸収されず、腸壁を通して拡散せず、排便中の排便とともに完全に排除されます。

薬を服用した後、液体の蓄積と糞便の総体積の増加があり、それが腸壁を機械的に破裂させ、その筋肉組織のインパルス収縮の活性化に寄与し、それにより空に自発的な衝動を形成します。

アクションの一意性

製品は内表面に追加の化学作用を持たず、per動の活性化に寄与するため、この効果は1日で平均して現れます。したがって、内部消化器官の刺激プロセスの自然さにより、曝露時間が長くなります。

体内にマクロゴールが存在する期間は一般的な刺激効果があり、その効果は浸透の現象に正当化され、水分子を保持し、薬物は毒素の吸収を防ぎ、さまざまな性質の介在物を防ぎます。液体と一緒に残り、血液中に侵入することなく自然に排泄され、生物全体の中毒の発生を防ぎます。

期待される効果に応じたアプリケーションの原理

薬物の単回投与は、その効果の完全な効果を示すことなく、身体の基本的な浄化につながります。これは、短時間の定期的な使用による腸壁の連続筋肉刺激で構成されます。

さらに、内面の古い沈着物を身体から深く洗浄し、有毒成分を血流に拡散させないことにより、マクロゴールは身体全体に強力なプラス効果をもたらします。次の症状によって明らかにされるもの:

  1. 代謝プロセスの活性化。
  2. 肌の表面を清潔にします。
  3. 消化プロセスの安定化。
  4. 全体的な幸福を改善します。
  5. 生物全体の活動の増加。

使用の適応

マクラゴールは、成人患者にのみ便秘の形で腸壁の受動的な筋肉活動の症状に適用されます。さらに、このツールは、腸疾患を診断するための以下の手段に先立って準備措置を実行するのに適しています。

  • 大腸内視鏡検査
  • 虹彩鏡検査
  • 透視
  • 経直腸センサーを使用した超音波
  • S状結腸鏡検査など

薬の特徴

平均して、薬の投与量は1日20グラムで、空腹時または食事中に1日に1回使用されます。薬物は乾燥物質の粉末状であるため、半分のコップの水に溶解する必要があり、液体は塩味があります。 Macrogolを長期間使用することは、体から大量の水分を除去すると一般的な水塩代謝に違反する可能性があるため、お勧めしません。

便秘の問題を解決するために統合されたアプローチを使用して、薬の服用と以下のタイプの治療を組み合わせることが効果的です:

  • 植物繊維を大量に含む合理的な食事。
  • 体全体の筋肉活動の増加。
  • 少なくとも2リットルの液体を毎日飲む。

有害事象の種類

マクロゴール。薬剤包装

マクロゴールの単回投与を自己膨張させる場合、腹部の痛み、吐き気、嘔吐などの症状の出現により、腸を空にする衝動が高まります。

薬の服用をやめると、数日以内にすべての兆候が自然に消え、体からそれを取り除くのに必要で、運動の自然なプロセスが完全に回復します。

将来的には、1回限りの摂取率を超えることなく、薬の服用を再開できます。個々の不耐性により、皮膚の小さな発疹、かゆみおよび全身の腫れの形でアレルギー症状が起こります。

禁忌

身体の病理学的状態の以下の症状が検出された場合、マクロゴールは使用しないでください。

  1. 消化器系の潰瘍性病変。
  2. クローン病。
  3. 腸閉塞の徴候の存在。
  4. 腹部の激しい痛みの発生。
  5. 心不全の兆候。
  6. 薬物が身体に受け入れられないこと。

この薬は、病気の診断を確定し、便秘の複雑な治療の最適なコースを選択する資格のある専門家と相談した後にのみ使用する必要があります。

便秘とは何ですか、なぜ起こるのですか?明らかにビデオ映像で:

化学的性質

マクロゴール、それは何ですか?マクロゴールはポリマーです エチレングリコール。化合物の分子量に応じて、異なる凝集状態になります。液体、ゲル、または固体です。この物質の構造式はHO-(CH2-CH2-O)n-OHです。

ポリエチレングリコール さまざまな産業で、固体ロケット燃料、溶剤、凍結防止剤、植物の実験で干ばつ状態をシミュレートするための浸透剤、水中噴火のモデリングで溶岩に代わる試薬のバインダー成分として使用されます。また、製品は栄養補助食品として使用されていますE1521、化粧品および各種軟膏、下剤の基礎として。

通常、製品が説明書に記載されている場合、その分子量は物質名に追加されます。薬の使用で マクロゴール4000 そして マクロゴール6000.

薬力学と薬物動態

薬物の作用メカニズムは、多価アルコールが水分子と水素結合を形成する能力に基づいています。したがって、胃腸管を貫通して、この物質は水と結合し、chyの液体含有量を増やし、糞便の急速な排出を刺激し、腸の運動性を刺激します。このツールは、糞による電解質の損失を防ぎます。

高分子マクロゴールは、胃腸管の壁から吸収されず、体循環に浸透せず、培地の酸性度に影響しません。腸からそのまま排出されます。

副作用

マクロゴールは、患者によく耐えられます。ただし、この物質による治療中に発生する可能性のある副作用のリストがあります。

  • 薬に対するアレルギー反応、発疹、 腫れ, じんましん,
  • 下痢腹部の痛み、不快感、重さ、
  • 嘔吐と吐き気 鼓腸,
  • 便失禁(高用量の服用)を含む、排便する緊急の衝動。

マクロゴール、使用説明書(方法と投与量)

内側。医師の勧めで。

通常、薬は1日1回、10〜20グラムの用量で処方されます。薬は空腹時、食事中または食事前に朝に飲まれます。薬の効果は、投与後1-2日で始まります。治療期間も医師によって決定されます。

腸の検査または手術の準備において、物質は主治医の推奨に従って服用されます。薬は手順の18-20時間前に飲まれます。 Macrogolを追加した溶液3リットル、20分ごとに200 mlを飲む必要があります。さらに、流動食のみを食べることができます。食事は、手術の前夜の午後10時に停止する必要があります。

過剰摂取

過剰摂取では、強い 下痢。治療として、1日の投与量を減らすか、治療を中止することをお勧めします。過度の体液損失のために、それは開発するかもしれません 電解質障害。下痢は、薬物中止後1〜2日で自然に消えます。

特別な指示

この薬は長期間使用しないでください。

場合があります吸引経鼻胃管を介したマクロゴールおよび電解質の導入から生じる。嚥下機能障害のある子どもは、特に誤嚥のリスクがあります。

薬物に対するアレルギー反応はほとんど発生しません(発疹, 腫れ, じんましん)患者が持っている孤立したケース アナフィラキシーショック.

この薬は8歳からの子供に処方されています。

(アナログ)を含む準備

この物質の商品名: ラバコール, Realaxan, Forlax, Fortran, オスモゴール, トランシペグ, フォルテザロンファーム.

また、この物質は次の薬の一部です。 ラバコール, モビプレップ, ポリオキシフマリン, エンドフォーク.

マクロゴールのレビュー

Macrogolのレビューはほとんど良いです。医師は薬に積極的に反応し、他の非薬物法が効果的でない場合、便秘を治療するために薬を使用することを推奨します。この薬は、副作用の可能性が低いという背景に対して非常に効果的です。この化合物は刺激性ではありません。 化学受容器 腸の粘膜に損傷を与えず、長期にわたる治療でも損傷しません。

患者はまた、薬について前向きに反応します。確かに、彼らの一部は、服用の効果が数日以内に現れるという事実に満足していません。治療法が十分に効果的でないと感じる人もいます。 Macrogolが主治医によって処方され、患者が治療中に専門医の推奨事項に従った場合、その物質は十分に許容されます。

マクロゴール価格、購入場所

経口溶液用の粉末形態のマクロゴール価格Forlax10グラムの10袋は150ルーブルです。

教育: 彼女は薬学の学位でリヴネ州立基礎医科大学を卒業しました。彼女は、ヴィニツァ州立医科大学を卒業しました。 M.I. Pirogovとそれに基づくインターンシップ。

経験: 2003年から2013年まで、彼女は薬剤師および薬局キオスクのマネージャーとして働いていました。彼女は長年の良心的な仕事で手紙と区別を授与されました。医療トピックに関する記事は、地元の出版物(新聞)やさまざまなインターネットポータルに掲載されました。

薬物マクロゴールの薬理学的特性

浸透圧性下剤。活性物質の分子は高分子量のエチレンオキシドであり、腸管腔内の水分子と水素結合を形成します。したがって、マクロゴールは、chyの液体含有量を増やし、そのテクスチャーを柔らかくすることで、排便の行為を促進します。それは代謝されず、吸収されず、pHのpHを変えず、腸内細菌叢の組成とは無関係に作用します。マクロゴールを使用する場合、肛門にburning熱感はなく、腸内の発酵プロセスの結果としてガスは形成されません。マクロゴールは、強力なまたは刺激的な下剤ではありません。浸透圧性緩下剤であり、およびその質量の液体含有量を増加させ、マクロゴールはその生物学的パラメーターを変更せず、糞便による電解質の損失を防ぎ、脂質代謝を侵害しません。
効果は投与後24〜48時間で現れ、腸内容物の通過の正常化は1週間以内に起こります。

Macrogol 4000の使用の適応

この薬の使用は、次の場合に必要です。

  1. 便秘が発生した場合、これは消化器疾患だけでなく、消化不良によっても引き起こされます。
  2. 大腸の診断のため。大腸内視鏡検査や胃内視鏡検査などの医療方法を使用して手順を実行する場合。
  3. X線または超音波を使用して腸の検査を行うとき。
  4. 腸またはその隣にある臓器の手術前。

hemo核

ex核の増悪または慢性の場合、担当医はマクロゴールを処方することがあります。

12歳以上の大人と子供には、1日に1〜2回10gの薬が処方されます。薬はきれいなろ過水に溶解し、食後に飲む。入場の推奨時間は朝と夕方です。

薬物の投与量は、疾患の病期と形態に応じて調整できます。

Macrogol 4000の服用方法

薬は主治医の推奨により経口投与されます。

専門医は1日に1〜2回10〜20gの治療薬を処方します。マクロゴールは、食前、食中、食後に朝に摂取する必要があります。薬は通常の使用から1〜2日後に作用し始めます。治療コースの期間は医師によって決定されます。

腸の診断または手術の前に薬を服用している場合、手順の18〜20時間前に飲まなければなりません。

妊娠中および授乳中

妊娠中の女性に対するこの薬の効果に関するデータはありません。この点で、必要な場合にのみ、主治医の指示に従って、この薬を服用することをお勧めします。

この物質が母乳中に排泄されるかどうかに関するデータはありません。マクロゴールは吸収されないため、授乳中に使用できます。

テストでは、薬物が胚の発達に障害を引き起こさないことが示されています。

このツールは、12歳の子供、場合によっては8歳の子供に使用できます。

この薬は、便秘やhemoのある高齢者が服用できます。

高齢患者は電解質モニタリングを受ける必要があります。

医師と患者のレビュー

マリア、43歳、ベロレツク:「便秘の治療にマクロゴールを使用しました。これは私の身体に悪影響を与える化学物質であるという結論に達しました。便秘はなくなりましたが、ある種の発疹があり、私の胃はいつも痛みました。その前は腸を使用していましたが、そのような問題はありませんでした。」

ブラヤンスク、48歳のヴラディスラフ:「私は定期的に便秘に苦しんでいます。私はene腸、民間療法で治療しようとした-何も助けなかった。医師はマクロゴールを服用することを勧めました。最初の結果は、2日間使用した後に表示されました。問題を完全に取り除くには約1週間かかりました。」

Ivanovo、31歳のVasilisa:「“身茶を飲んだ後、便秘などの問題に遭遇しました。最初は、ハーブとさまざまな煎じ薬で治療されましたが、何も助けませんでした。友人は、Macrogolを試すことを勧めました。便秘はすでに使用の4日目にありました。

アレクセイ、44歳、コロムナ:「腸疾患の治療のために、私は常にこの治療法を患者に処方しています。安価ですが効果的です。治療コースは1〜2週間を超えません。パッケージの内容は、コップ1杯の沸騰した水で希釈し、空腹時の朝または食事後の夕方に飲まなければなりません。

エリザベータ、46歳、クラスノヤルスク:「私はこの薬をhemo結節患者に処方します。あらゆる年齢の人々によく許容されており、特別な使用条件を必要としません。効果は使用の4日目に現れます。各患者の投与量は個別に選択されます。」

薬の名前と同義語、製造形態

Macrogol(Macrogol)、Forlax(Forlax)、Transzipeg(Transipeg)、Fortran(Fortrans)。

薬剤は合成的に作成され、その主成分はマクロゴール4000です。薬剤は粉末で入手でき、投与量は10グラム、パッケージの量は10または20個です。また、生産では、74グラムのパッケージにフレーバーパウダー製品があり、パッケージの量は4個です。

薬物マクロゴールの医療特性

マクロゴールは浸透圧性緩下薬で、chyの液体含有量を増やすことで軟化するように設計されているため、排便の可能性が高まります。薬物の作用は軽度であり、肛門の状態に悪影響を与えず、その中にburning熱感を引き起こさず、また使用中に発酵および関連するガスを生成しません。 Macrogalは強力な薬物には適用されません。この薬物の使用により、体内の生物学的指標は変化せず、電解質の損失もありません。プラスの効果は、適用後24〜48時間の期間に発生し、腸機能は1週間以内に正常化します。

予約の目安

この薬は、成人患者にのみ症状のある便秘の場合に処方されます。それは、栄養と水の両方のレジメン、ならびに身体運動とマッサージを含む、多くの追加の対策とともに、アプリケーションで示されています。このアプローチにより、Macragolは数分で糞便の排泄を促進します。

マクロゴールの投与

薬物の平均量は1日あたり20グラムで、原則として、食事中の朝に薬物を服用し、パッケージの内容物を100 mlの量の水に溶かします。 Macrogolは長期使用には推奨されません。また、薬は複雑な治療への追加であることを忘れてはなりません。その基礎はバランスの取れた食事と植物繊維を含む有能な食事です。また、治療には大量の体液と身体活動の増加が伴います。

この薬は、組成物に糖が含まれていないために糖尿病の素因を持つ患者に適しています。

マクロゴールは大腸内視鏡検査および放射線検査、ならびに腸手術の前に広く使用されています。適用の過程で、腸の内容物の排出が加速され、結果は通常の方法よりもはるかに重要です-下行結腸、S状結腸、および直腸の洗浄がより効果的です。割合で言えば、この薬剤を使用した直腸粘膜の患者の効果的な検査は75%でしたが、標準的な方法は20%でした。 Macrogolを使用した検査中の時間枠は24分でしたが、標準的な研究ではプロセスに35分かかりました。

一部の患者が溶液を制限したために、汽水味をなくすために、マクロゴールの薬剤師は、1リットルの水に1つのパッケージであるFortranを開発し、最終用量は患者の体重15-20kgの希釈薬のリットルに基づいて設定されています準備された液体は、手順の前夜の夜中に20分の間隔を空けて200 mlで飲まれます。手順の前夜に2リットル、手順の前に朝に別の1リットルを摂取することができます。

心不全または潰瘍性病変の症状を患っている患者の場合、そのような量の液体を使用できないため、Forlaxの使用が提案されており、1つのパッケージのマクロゴールの含有量は10 gです。

薬は250mlに溶解され、手順の3日前、食事中の朝2回使用されます。

マクロゴール4000の使用方法と用量

Macrogol 4000は、1日あたり10〜20 gの用量で経口摂取されます。
治療期間は医師が決定します。 Macrogol 4000は長期間使用しないでください便秘の症状が続く場合は、長期にわたる診断検査を繰り返し行う必要があります。
マクロゴール4000を含む薬を使用すると、まれに過敏症反応(ur麻疹、発疹、浮腫、アナフィラキシーショックなど)が報告されています。
治療を開始する前に、消化管の器質的病変を除外する必要があります。
腸の正常な機能の回復後、植物繊維が豊富な食事とアクティブなライフスタイルを使用して、効果の維持を実行する必要があります。
薬物による便秘の治療は、健康的なライフスタイルと食事の補助としてのみ推奨されます(食物繊維と水分の摂取量の増加、十分な身体活動、消化管運動の回復に寄与する)。
下痢の発症に伴い、水-電解質の不均衡(高齢、腎機能および/または肝機能障害、利尿薬などの摂取)を起こしやすい患者には特別な注意を払う必要があり、電解質のレベルを制御する必要があります。
胃腸出血、腹痛、発熱を伴う便秘の場合は、すぐに医師に相談してください。
さまざまな付随する病気の高齢患者は、医学的な監督の下で薬を使用することが推奨されます。
潰瘍性大腸炎の患者では、穿孔のリスクが高くなります。
嚥下反射の侵害、意識の低下、逆流性食道炎の患者では、誤嚥の深刻な結果を考えると、薬剤の使用には注意が必要です。経鼻胃管を介した薬物の導入は、特に高齢患者における誤嚥のリスクと関連しています。
患者は、すべての共有薬を医師に通知する必要があります。

禁忌

過敏症、慢性心不全、脱水症、患者の重篤な状態、完全または部分的な腸閉塞(腸閉塞の疑いを含む)、結腸の毒性の拡大、結腸の悪性新生物、症候性狭窄、重度の炎症性腸疾患、大腸の潰瘍性病変腸(潰瘍性直腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病を含む)、穿孔または胃腸管の穿孔の脅威そして、原因不明の腹痛、18歳までアップ。

妊娠と授乳

動物実験では、マクロゴール4000には催奇形性効果がないことが示されています。マクロゴール4000の全身への影響は無視できるため、母親、胎児、子供への悪影響はないと予想されます。 Macrogol 4000は、母親への期待される利益が胎児または子供への可能性のあるリスクよりも高い場合、医師の指示に従って妊娠および授乳中に使用できます。

マクロゴール4000と他の物質との相互作用

マクロゴール4000とジゴキシンの併用により、腸での後者の吸収の程度が低下します。
注入用溶液の形のフマル酸ナトリウムは、ポリエチレングリコールに基づくコロイド媒体と一緒に投与することができます。共有する場合、互換性を視覚的に監視する必要があります。
他の薬の中でマクロゴール4000と併用すると、吸収が低下する可能性があります。 Macrogol 4000は、他の薬を服用してから2時間以内に服用することをお勧めします。
マクロゴール4000とアモキシシリンを4日間併用すると、速度が低下し、アモキシシリンの吸収期間が長くなります。

ビデオを見る: 速読多読活用 マクロ視点を持ちミクロな失敗を回避するための読書 (十一月 2019).

Loading...