嘔吐

成人の嘔吐前の咳の原因と治療

医師はun然としている!インフルエンザや風邪からの保護!

就寝前にのみ必要です。

気管支肺系の炎症プロセスには咳が伴います。持続的な咳の発作は、嘔吐する前に咳を引き起こすことがあります。

咳をするときに嘔吐を引き起こす病気:

  • 肺炎
  • 結核
  • 気管炎、
  • ARVI、
  • ARI
  • インフルエンザ
  • 百日咳
  • 気管支炎
  • アレルギーを含む鼻炎(鼻水)、
  • ロタウイルス病
  • 胃食道逆流、
  • 気道に落ちた異物。

よりまれな病気と原因:

  • 心不全
  • 放出される有毒物質の蒸気による化学中毒、
  • 虫感染症、
  • 乳児の歯が生えている間の多量の唾液分泌、
  • 誤って選択された薬。

子供の体調を緩和するために必要な措置

嘔吐が起こる前の激しい咳は、子供に頻繁に起こります。

これらの症状は病気の存在を意味するため、親は子供の咳と嘔吐の同様の症状の数を慎重に考慮する必要があります。

赤ちゃんの体調を改善するには、温かい飲み物、室内の適切な湿度を提供する必要があります。

吸入手順は、体温が37°未満で実行されます。

病気の兆候としての嘔吐と咳

上記の病気は、一般的な症状である咳と組み合わされます。 違いはその特徴です-乾いた咳またはを伴う咳。

  1. 百日咳-病気の発症に伴い、咳がけいれんします。鎮咳薬はこれらの攻撃を軽減するのに役立ちません。病気のピークでは、咳には湿った粘液が伴い、これは子供たちが対処できず、咳からの嘔吐につながります。成人の症状は、子供に現れる症状と同じです。咳が出ると、粘液が出なくなり、成人の嘔吐の前に咳が出ます。
  2. 急性呼吸器ウイルス感染症-発熱、脱力感、頭痛に加えて、鮮やかな症状は嘔吐を伴う咳です。
  3. インフルエンザでは、これは最初は胸部に特徴的な痛みを引き起こす乾いた咳です。病気が進行すると、咳は「湿った」段階に入り、大量の粘液の分泌を伴います。
  4. パラインフルエンザは、「ほえる」乾いたしわがれた咳が特徴です。
  5. ロタウイルス感染症は、胸骨に痛みを引き起こす湿った咳を伴います。咳反射は病気の最初の数時間で現れます。
  6. 気管炎は、誘発因子の存在下で自然に現れます。ほとんどの場合、気管炎は独立した病気ではありません。次のような病気を伴います。
気管炎は、上気道に化膿性粘液が存在することにより引き起こされるため、嘔吐で強い咳を引き起こします
  • 鼻炎、
  • 咽頭炎
  • 喉頭炎
  • 気管支炎。

病気の原因はまた、冷ややかな空気、タバコの煙の吸入です。

気管炎の特徴的な症状は、ほとんどの場合子供に見られる、嘔吐前の乾いた強い咳です。これは、上気道の化膿性粘液の存在によって引き起こされます。

咳の嘔吐反射は、朝と夕方に最も活発です。多くの場合、人が深呼吸しようとするときに発生します。

この病気の医学的診断により、気管炎の治療的治療は乾いた咳をなくすことを目的としています。

  1. 気管支炎病気の急性期では、粘液を伴う湿った咳が発生します。慢性疾患では、咳がこもっており、朝の強度が異なり、咳反射によって嘔吐が起こることがよくあります。
  2. 肺炎は、肺葉性肺炎と気管支肺炎に分けられます。咳は病気の瞬間から現れます。クループ性肺炎の徴候であるくしゃみをした咳の発作は、さびた粘液が目立つ湿った咳の段階に達します。これは、咳や嘔吐が病気の子供や大人を疲れさせる瞬間です。
  3. 気管支肺炎を伴う咳g反射は、上記の咳cと似ています。病気の唯一の違いは、気管支肺炎では体温が上昇しないことです。
  4. 成人および小児の気管支喘息は、顕著な症状によって現れます。まず第一に、これは子供が嘔吐まで咳をするだけでなく、病気の成人が咳の発作に苦しむときです。原因はアレルゲン、つまり病気です。咳の際にギャグ反射を取り除くには、分析を行ってそれを引き起こすアレルゲンを特定する必要があります。
  5. 耳鼻咽喉科の病気は、のどに不快なくすぐりを引き起こし、嘔吐する前に咳をします。ひどい風邪がある場合は、鼻腔を生理食塩水で洗い流してください。
  6. 結核は、1つまたは2つの肺の炎症プロセスです。病気の初期段階では、顔にわずかな咳と発熱性の赤面が現れます。治療を行わないと、咳は粘液が分泌された衰弱性の咳に変わります。咳の発作は人を疲れさせ、嘔吐を引き起こします。夜になると、咳は最高潮に達します。健康状態は急激に悪化し、強い弱さと低温があり、それが一定に保たれます。大人と子供の両方が急速に体重を減らしています。
  7. 胃食道逆流-胃の内容物が食道に投げ込まれ、嘔吐を伴う咳症候群を引き起こします。ほとんどの場合、生後1年までの乳児で観察されます。
結核-1つまたは2つの肺の炎症プロセスは、咳や頬の赤面を引き起こします

各授乳後、赤ちゃんを直立させてください。発熱の場合は、すぐに医師に相談してください。

呼吸器の通路に異物が存在すると、嘔吐の前に乾いた咳を引き起こすことがよくあります。異物を回収するために、被害者を病院にすぐに届ける必要があります。

重要!嘔吐の前に咳が出る症状の付随する要因である病気は多くあります。正しい診断は医師によってのみ行われます。セルフメディケーションを完全に除外する必要があります。

薬を飲んだ子供の嘔吐前に咳を取り除く

患者に伴う咳(乾いたまたは湿った)に応じて、薬が選択されます:

  • 粘液溶解薬-乾いた咳に使用されます。彼らの行動はの液化に基づいています。

重要! 2歳未満の子供には与えないでください。粘液溶解薬は、湿った咳をする患者(成人および小児)を推奨しません。

  • 粘液の流出に寄与し、粘液を減らす薬。頻繁な水分摂取も必要です。

重要!乾いた刺激性の咳の発作に苦しむ子供たちのために薬を服用することは厳しく禁じられています。

  • 複合特性の薬物。治療効果は、間伐と去expectの同時効果です。
  • 鎮咳薬シリーズの薬。彼らは咳のプロセスに「抑制」効果を持っています。

重要!これらの薬は、患者が肺に喘鳴がなく、乾いた咳反射がある場合、主治医によって処方されます。

嘔吐を引き起こす咳は、危険な病気の症状である可能性があります。表示されたら、医療支援を求める必要があります。特に咳が子供の病気に伴う場合。

子供を助ける最初の手段

重要!ハーブを収集すると、アレルギー発作を引き起こす可能性があります。患者の体温が上昇している場合、吸入とマッサージの手順は受け入れられません。

咳による嘔吐は完全に安全であると主張する人もいます。もちろん、これは、それが乳児の食事のプロセスによって引き起こされ、その後、母親が自分の体に垂直姿勢を与えなかった場合にそうなります。

他のケースでは、嘔吐による咳が重篤な病気の症状になることがあります。医師の助けを避けないでください。特に、そのような症状が小さな子供に見られる場合。

の性質はどういう意味ですか?

彼女は次のことができます:

  • 透明(インフルエンザまたは風邪)、
  • ディープイエロー(気管支喘息)、
  • さびた(肺炎)、
  • 血液(結核またはがん)と混合
  • 黄緑(ARVI)、
  • 緑(肺膿瘍)など

したがって、成人で嘔吐する前に咳が出た場合は、この症状の原因を探す必要があります。これは非常に深刻な症状であり、医師への電話が必須です。この場合の自己治療は完全に除外されます。必要な治療法を診断して処方できるのは専門家だけです。自宅では、患者の状態を緩和することしかできません。

咳吐を引き起こす病気

最初に行うことは、包括的な治療を処方する医師を呼ぶことです。

吐き気は、ほとんどの場合、次の条件で現れます。

この感染は、気道のけいれんを引き起こすので、薬で取り除くことはできません。患者はただ咳をします。危機の間、は分離し始め、その後良くなります。病気の初めに、秘密は出発しません、したがって、人は嘔吐によって迫害されます。

肺炎では、発作は病気の初期段階の発症のほぼ直後に始まります。最初は音が聞こえず、その後常に増幅されます。の量が増えると、嘔吐を伴う咳の段階に達します。

発熱、重度のmal怠感、片頭痛、さらには吐き気を引き起こす可能性のある重度の気管支痙攣を伴います。

胸痛を伴う乾いた咳が特徴です。徐々に、感染症は、courseが目立つようになるコースのような段階を取ります。その豊富な放電は深刻な攻撃を引き起こし、文字通り人を足から叩き、嘔吐反射を引き起こします。

パラインフルエンザの症状は、barえる咳です。とても激しいので、患者の胸に喘鳴が聞こえ、が消えません。したがって、発作は非常に顕著になり、吐き気を引き起こす可能性があります。

重度の気管支炎では、発作性の咳が発生し、嘔吐を引き起こします。これは、秘密が大量に蓄積されているためです。通常、発作は起床直後の朝、患者を苦しめます。

成人では、同様の症状も特徴です。咳は非常に強いので、人は単に窒息します。彼はギャグ反射を経験するかもしれず、破裂した毛細血管からの血液の小滴も目立ちます。

それは胸の痛みを伴う激しい湿った咳を引き起こします。その後、多数の胃腸症状が加わります。しかし、病気の最初の段階では、嘔吐を伴う気道の痙攣の激しい発作が起こります。

気管支炎、インフルエンザ、または咽頭炎の合併症のように、突然発生する可能性があります。この場合、咳はその強さで吐き気を引き起こす可能性もあります。

それは、わずかではあるが絶え間ない咳で始まります。かなり頻繁に、温度がわずかに上昇し、顔が赤くなることがあります。治療が時間内に開始されない場合、気道はと細胞崩壊産物で満たされます。この場合、発作性の咳が始まり、嘔吐のポイントに達します。攻撃はより強くなり、患者を完全に使い果たします。

したがって、吐き気を引き起こす咳は、さまざまな病気で発生します。ほとんどの場合、夜に現れます。患者は、激しい窒息から突然目覚めるかもしれません。

多くの場合、攻撃は朝、目覚めた直後と夕方、患者がすでに寝た後、人々を苦しめます。これはすべて、肺循環の激しい鬱血と関連しています。これが何につながるかについては、こちらをご覧ください。

患者への応急処置

成人の嘔吐の前に乾性発作性咳が認められた場合、患者は救急医療を必要とします。しかし、医師の到着前であっても、あなたは彼の健康を緩和しようとすることができます。

これを行うには:

  • 夏には窓または窓を開いたままにし、
  • 常に患者に水を与えます
  • theが気道を詰まらせないように、人に半座位を与えます。
  • カーテンを濡らします
  • マスタードプラスターを患者に与える、
  • 彼にレモン入りの冷たいお茶をあげて、
  • ニンニクと牛乳を提供し、
  • 彼にネブライザーを与えます
  • 患者が温熱療法を受けていない場合、このような咳と蒸気の吸入で使用できます。ソーダ、松葉、ユーカリ、カモミール、フキタンポポをソリューションに追加することをお勧めします。
  • 経口投与に漢方薬を使用し、
  • 患者に呼吸運動をさせる。

これらの効果的な対策は、人の幸福を大いに促進し、部屋に活発な空気循環を作り出し、その中の大気を潤します。大量の液体を消費することにより、dilutionの大幅な希釈が達成され、レモンとニンニクは殺藻効果を発揮します。

大人が嘔吐する前に激しい咳をする場合、患者には必須の安静が推奨されます。
彼が空腹でないなら、あなたは人を養うべきではありません。

彼が食べ物を要求する場合、食べ物はできるだけ軽く、少量ずつ提供する必要があります。

前述のように、この場合のセルフメディケーションは受け入れられません。このような深刻な状態の治療は、その症状である病気との戦いに基づいています。診断後、医師は以下を処方します。

  • 咳止め薬(コデイン、オキセラジン)、
  • 粘液溶解薬(アンブロキソール、ACC、ブロムヘキシン)、
  • 去expect薬(ムカルチン、ペルツシン、ソルタン)、
  • 抗菌薬(アジスロマイシン、アモキシシリン、スマメド、スプラックス)、
  • 抗ウイルス剤(インターフェロン、カゴセル、リマンタジン、エルゴフェロン)、
  • 制吐薬(ボニン、モチラック、トロピンドール、ツェルカル)、
  • 抗アレルギー薬(Zodak、Loratadin、Suprastin、Cetirizine)、
  • 気道の粘膜を柔らかくする薬と溶液、
  • ビタミン
  • 外部手段など

咳止め薬と去expect薬を一緒に使用しないでください。発作性反射が抑制されると、これは小さな気管支の停滞と閉塞を引き起こす可能性があります。その結果、窒息がしばしば発生し、小さな血管または気道の枝が破裂します。

嘔吐前の乾いた咳は完全に治療可能です。しかし、この症状に個別に対処することは意味をなさないため、最初に鑑別診断を受ける必要があります。その発生の根本原因が除去されない場合、それは絶えず更新されます。

さらに、すべての主要な薬は、患者の年齢、健康状態、付随疾患の存在、および薬の個々の耐性を考慮して処方されることにも留意する必要があります。咳の自制は害を及ぼすだけです。

予防

嘔吐反射を引き起こす重度の攻撃は、さまざまな状況により発生する可能性があります。ほとんどの場合、それらは気道の感染症になります。最初、病気は徐々に進行し、その後、合併症を伴う重度の経過をたどります。

将来の嘔吐前に激しい乾いた咳などの状態の再発を避けるために、予防の要件を遵守する必要があります。

これらには以下が含まれます。

  • 身体の防御を強化する
  • 禁煙
  • 低体温症の回避、
  • 慎重な個人衛生、
  • 部屋の定期的な放映、
  • タバコ中毒者との接触の除外、
  • 呼吸器感染症のタイムリーな治療、
  • たくさんの水分を飲む
  • 強制インフルエンザ予防接種、
  • 定期健診
  • 年次透視
  • 気象条件に応じた衣服の選択、
  • スモーキーな部屋で包帯をしている。

これはすべて、健康を改善し、風邪を避け、気道に対するニコチンと有害なタールの悪影響を止めるのに役立ちます。

一般的な原因

ほとんどの場合、風邪を背景に成人の咳が起こります。治療せずに放置すると、病理学的過程が複雑になり、横隔膜の減少を伴う発作を引き起こす可能性があります。鼻咽頭での粘液分泌物の蓄積により、嘔吐性咳も起こります。 putが排出されると、吐き気がしばしば発生し、特徴的な反射を引き起こします。

不快な症状は、さまざまな病気の兆候である可能性があります。

  • SARS最初に、咳をしない乾いた咳が現れます。さらに、それは生産的になり、胸の痛みと化膿性分泌物の放出を伴います。症状は、発熱、脱力感、頭痛、嘔吐の出現によって悪化する可能性があります。
  • 気管支炎急性のプロセスは、水yを伴う湿った咳の出現に​​よって特徴付けられます。慢性気管支炎の場合、こもったbarえる咳の発作が特徴的です。午前中、ギャグ反射の発生により悪化して症状が悪化する場合があります。
  • 肺炎肺炎では、非常に強い咳が現れ、肺の痛み、息切れ、高熱が伴います。攻撃は非常に強いので、しばしば嘔吐になります。
  • 気管炎。この病気には、大きな咳、衰弱、胸痛、発熱が伴います。発作性の咳が突然発生し、冷たい空気や煙を吸い込むと誘発されます。
  • アレルギー鼻水とくしゃみを伴います。これは、アレルゲンと接触すると発生する季節性疾患です。
  • 回虫症。嘔吐咳は寄生虫の移動中に発生します。
  • 急性心不全。患者は、空気が不足しており、より多くの空気を吸いたいと思っています。
  • 結核血液の不純物を含む粘液分泌物が口から放出されます。夜間に発作が激しくなり、患者は発汗と悪寒に苦しみます。
  • 肺がんは発熱せずに発生します。患者は絶え間ない咳を心配しています。
  • 胆嚢疾患。夜に催吐性咳の発作が起こり、脚のけいれんを伴います。熱い汗と目の痛みがあり、足がやけどすることがあります。
  • 百日咳。感染プロセスは、気道の重度のけいれんを引き起こします。子どもたちはひどいkingえ声で邪魔されます。
  • 気管支喘息は喘息発作を引き起こします。最初に、人の病気の後に嘔吐する衝動が続きます。が分離し始めた後、患者の状態は緩和されます。

喫煙者では、粘液の蓄積により嘔吐前の乾いた咳も起こります。その理由は、免疫障害および内分泌障害、肝疾患または薬物療法です。 oughを吐き出す間、患者はそれを飲み込むことができます。このアクションの結果は嘔吐の衝動であり、それを制御することはできません。他の原因がギャグ反射を引き起こす可能性があります:逆流性食道炎、異物の摂取、ジフテリア、ロタウイルス感染。

子供の年齢

身体的および心因性の両方の原因は、子供に不快な症状の出現を引き起こす可能性があります。嘔吐は、乾いた咳と湿った咳の両方から始まります。次の理由により、その外観が引き起こされる可能性があります。

  • ARVI、
  • 急性喉頭炎
  • 百日咳と百日咳、
  • 異物
  • びまん性甲状腺腫
  • 胃食道逆流症、
  • 心理的な問題
  • 新生物
  • 出血
  • 水頭症。

嘔吐は生理学的な原因によって引き起こされる可能性があります。たとえば、子供が食物を詰まらせると、反射的に咳を始めます。幼い子供は攻撃を抑えることができないので、最終的には嘔吐物の放出で終わる可能性があります。これは、子供が食べたばかりの場合に特に当てはまります。

2歳のとき、子どもたちは積極的に世界を学び、ゲーム中に物を口に入れることができます。気道閉塞は発作を引き起こす可能性があります。咳の嘔吐の原因には、救急医療が必要です。次の症状が発生した場合は、すぐに救急隊に電話してください。

  • 絶え間ない嘔吐
  • 口腔からの泡または血液の放出、
  • 体温の急激な上昇、
  • 鼻唇三角形のチアノーゼ(チアノーゼ)、
  • 窒息または皮膚の白の攻撃、
  • 意識の喪失。

タイムリーな治療がない場合、危険な合併症のリスクが高まります。

  • 筋肉痛。筋肉痛は高張性に起因します。痛みは胸筋と腹部の筋肉の領域で発生し、
  • p血。肺の小さな血管の破裂が原因で発生します。深刻な損傷があると、肺出血が発生する可能性があり、
  • 高血圧。長時間の攻撃は、血管内の血圧を上昇させます。このため、心血管系の負荷が増加し、
  • 気胸。この状態には外科的介入が必要です。肺組織の損傷により、肺と胸部の間に空気が蓄積します
  • 無気肺。肺葉の減少があります。単に機能しなくなり、契約します。これは、粘液が気管支を詰まらせるという事実のために最も頻繁に起こります。

嘔吐性咳障害

嘔吐の前に症状が咳をしている病理学的プロセスについて話しましょう。

これは上気道の感染症です。病気の原因物質は細菌です。就学前の年齢で最も頻繁に百日咳と診断されます。子供が若いほど、臨床症状はより顕著になります。百日咳は、次の症状の出現によって特徴付けられます:咳、徐々に強さを増している咳、鼻水、鼻詰まり、発熱、衰弱、悪心、頭痛。

自分で感染を判断することは困難です。ほとんどの場合、両親は病気を帳消しにし、それをARVIとみなします。病理学的プロセスが進行するにつれて、咳の発作は喘鳴を伴い始めます。

幼児では、発作の終わりに嘔吐が起こります。子供は興奮しすぎ、顔は青くなり、腫れが現れます。頸部静脈が腫れ、目の強膜の出血も観察されます。

子供はいらいらし、気分が悪く、無気力になります。これは百日咳の原因物質が神経系にも影響を与えるという事実によって説明されます。流行を避けるために、病気の子供は他から隔離されるべきです。

寄生虫は2つの段階を経ます:

  • 幼虫の移行。卵は消化管(GIT)に入り、分解して幼虫を放出します。次に、循環系と肺に入ります。ここで成長して成熟し、成虫に変わります。
  • 腸相。虫は腸管に寄生して増殖します。

回虫は神経末端を刺激し、咳反射を引き起こします。その結果、寄生虫は気管支と気管を通って喉に押し込まれます。唾液を飲み込むと、回虫は再び胃腸管に侵入します。人がwormを吐き出し、ワームの詳細な検査を行うと、肉眼でそれを見ることができます。

虫の侵入を識別することはそれほど簡単ではありません。これは、臨床像がぼやけているためです。嘔吐までの咳に加えて、頭痛、疲労、発熱、眠気、皮膚発疹とかゆみ、頻脈などの他の症状が現れることがあります。 Hel虫病の咳は約6週間後に発生します。これは、人が回復したという事実によるものではなく、ワームが目的地に到達したため、つまり、腸に移動したためです。

他の症状は咳に取って代わります:アレルギー、腹部膨満、下痢、便秘、食欲不振。検査は感染症の専門家によって行われます。病気をなくすためには、駆虫剤を飲む必要があります。食事をする前とトイレを訪れた後は、手をよく洗うことを忘れないでください。

アレルギー性の咳は、免疫系の機能障害に応じて発生します。これにより、最も軽度の刺激物に対しても感度が向上します。病気の発症は、環境状況の違反、居住地の衛生状態の欠如、および合成食品の豊富さに関連している可能性があります。

アレルギーの場合、は常にはっきりしています。初期段階では、乾いた咳が発作性になります。その後、少量のが目立ち始めます。咳反射は予期せず夜に発生します。

成人の嘔吐前の咳の原因

成人の重度の咳と嘔吐の主な原因は次のとおりです。

  • 呼吸器系疾患
  • 心臓の病理、
  • 胃食道疾患-胃から食道への食物の逆流に関連している
  • 薬の刺激効果
  • 悪性腫瘍および転移、
  • アレルギー-刺激効果は粘膜の腫れによって引き起こされ、
  • c虫症-幼虫または成虫のmigration虫の移動、
  • 甲状腺の病理学-腺のサイズが大きくなると、気管が圧迫され、反射性ジャークが発生し、
  • 神経疾患-ストレス、ヒステリー、
  • 気道の異物。

子供とは異なり、成人では、咳反射がアレルギー、helm虫症、または気管支内の異物の吸入によって引き起こされることは非常にまれです。子供よりも頻繁に、成人の嘔吐による咳の原因は心臓病、甲状腺、または腫瘍です。

成人の百日咳

成人の状態が悪化する原因は、嘔吐に温度を上げることなく強い咳が現れることで、百日咳があります。百日咳は小児期の感染症と考えられていますが、統計によると、全体的な発生率における成人の割合は5%です。

成人は特徴的なけいれん症状を伴わずに百日咳を発症し、百日咳の保因者になります。統計によると、咳が持続する人の20%で百日咳菌が検出されています。

百日咳は急性感染症であり、回復後、人は他の人にとって3週間はまだ危険です。成人の百日咳の症状:

  • 鼻水、温度はめったに上昇せず、通常は正常のまま
  • 明確なを伴う乾燥発作性咳、
  • 鼻血。

大人にとって、百日咳は深刻な合併症を引き起こさないため、危険ではありません。しかし、百日咳に苦しむ大人自身は、周囲の子供たちに深刻な脅威をもたらします。嘔吐の前に強い乾いた咳があり、十分な健康と発熱がなくても、咳と嘔吐の反射を引き起こした病気を治療する必要があります。

呼吸器疾患の咳と嘔吐

子供のように、成人の粘液による嘔吐までの咳は、呼吸器疾患で最も頻繁に発症します。しかし、子供で嘔吐を伴う咳反射が主に重度の風邪、副鼻腔炎、アデノイドで発生する場合、成人では気道内の粘液の蓄積と悪化の誘発者の主な原因:

  • 喫煙者の気管支炎、
  • 肺炎、
  • 気管支喘息、
  • ARVI-ロタウイルス感染症、パラインフルエンザ、
  • 肺の状態に影響を与える有害な状態で働く-塵肺、
  • 肺結核
  • サイダーグッドパスチャー。

咳や嘔吐反射を引き起こした呼吸器疾患の種類は、粘液の出現によって判断できます。黄色い嘔吐は気管支喘息で起こり、その中に好酸球が蓄積することによって引き起こされます。

ARVIを使用すると、咳振戦により、無色または黄色がかったputが混ざった嘔吐を引き起こす可能性があります。化膿性副鼻腔炎は咳と緑のwithによる嘔吐を引き起こします。この色は、好中球の炎症の焦点で殺された粘液によって与えられます。

肺結核による嘔吐では、血液の筋、または段階によっては、かなりの血液不純物が存在する場合があります。

タブレットから嘔吐する前の咳

成人の嘔吐前の発作性の咳は、薬によるものである可能性があります。以下の治療でも同様の副作用が発生します。

  • 臭化イプラトロピウム-喘息、閉塞性肺疾患、
  • グルココルチコステロイドベクロメタゾン-喘息、アレルギー、血管運動性鼻炎、
  • ニトロフラン-合成広域抗生物質、
  • アスピリン-非ステロイド性抗炎症薬、
  • 心臓薬-ACE阻害剤(アンジオテンシン変換酵素)、ベータ遮断薬。

強い乾いた咳振戦は、心臓病の治療のためにACE阻害薬を服用している人に発生します。エナラプリル、カプトプリル製剤は、反射性嘔吐で発作を引き起こします。

攻撃の強さは、薬物に対する成人の個々の感受性に依存し、次のように現れます:

  • のどの痛み、
  • せき
  • 嘔吐を伴う激しい発作性咳、
  • Quinckeの浮腫。これは患者の死亡につながる可能性があります。

ベータ遮断薬-ベクラゾン、アナプリリン、コンコル、ベタロック、ネビレットを服用すると、嘔吐前に乾いた咳が発生する可能性があります。これらの薬は、成人が不整脈を治療するために処方されています。

しかし、薬物の長期使用または薬物に対する個人の感受性の増加は、乾いた咳を引き起こし、嘔吐を悪化させる可能性があります。

心臓専門医は、このような咳を治療する必要があります。医師は、血液検査、ECG、血圧の管理下で、副作用のない薬を選択します。自分で予約を取り、心臓病を治療することは危険です。

心不全の咳

乾いた心臓の咳は、血液循環の小さな輪(肺)の静脈鬱血を伴う心臓病に苦しむ成人を苦しめます。睡眠中に夜に病理が悪化する。

病気の重度の経過により、患者は横になって眠ることができず、半座位で寝ることを余儀なくされます。症状は、嘔吐を伴う重度の激しい咳を伴う心臓病を示唆しています。

  • 悪化前のパルス加速、
  • 心臓の領域の痛みの感覚、
  • 青い唇、指先、
  • 顔の皮膚の白、
  • 首の静脈の腫れ、
  • 安静時であっても、肉体的労作を伴わない息切れ感、
  • 嘔吐における血の不純物の出現。

乾式反射咳振戦の発生率を減らすには、咳自体を嘔吐反射で治療する必要はなく、病理を引き起こした心臓病で治療する必要があります。

腫瘍学における咳反射

喉、肺、および縦隔の癌性腫瘍は、口蓋、咽頭壁の粘膜の耐え難い刺激を引き起こし、強い乾いた咳と嘔吐を引き起こします。がんの咳の振戦の攻撃は、夜間に頻繁に発生します。

反射咳と嘔吐の危険性は、次のリスクを高めることです。

  • 血栓症のリスクを高める脱水
  • 意識喪失
  • 不整脈。

強い乾いた咳の振戦は、肺の小さな血管を破裂させることがあり、その後、攻撃はsis血を伴います。

成人の嘔吐で咳をするときの対処方法

攻撃を取り除くには、気道内の粘液の排出を改善する必要があります。

  • 毎日の呼吸運動
  • 室内空気を加湿する
  • 日中は温かい飲み物を飲む、
  • 受動的を含む喫煙を完全に拒否し、
  • 部屋を換気する
  • 身体活動を軽減または排除する、
  • 新鮮な空気の中でより多く歩くが、低体温を許可しない。

嘔吐する咳の治療方法

嘔吐は、基礎疾患の結果にすぎません。反射咳や嘔吐を引き起こす原因がなくなるとすぐに発作は止まります。咳や嘔吐を別々に治療するのは無意味です。

成人の嘔吐の前に、医師が病気を診断し、治療を処方した後にのみ、咳の原因を治療する必要があります。

  • 発作がアレルギーによって引き起こされる場合、スプラスチン、ゾダック、ロラタジンなどの抗ヒスタミン薬が服用されます。
  • 気道に粘液viscousが存在することで咳が出ますが、ムカルチン、ブロムヘキシンを服用することで、その排出が改善されます。
  • strongのない強い乾いた咳から、プロスパン、カンゾウシロップが役立ちます。

乾性反射咳は、成人の鎮咳薬で治療されます。これらの薬は、脳の咳中枢の活動を抑制します。これは、気管支にが蓄積した場合に危険です。

気道内の粘液の停滞は炎症を促進し、炎症プロセスへの条件付き病原性微生物叢の追加を誘発します。

医師の許可を得て初めて、モティラック、ツェルカルなどの制吐薬で嘔吐を治療することができます。そして、攻撃の頻度を減らすために、食事から除外します:

  • アルコール飲料、炭酸飲料、
  • 刺激性のある食品-スパイス、コショウ、,製肉、
  • 油で揚げた料理。

民間療法

あなたは咳を和らげ、家庭薬による嘔吐を防ぐことができます。シンプルなレシピは、ブランド薬と同じくらい効果的な場合に役立ちます。

吸入は重度の発作を防ぐのに役立ちます。大人は、ネブライザーによる吸入と、温かいpotatoでた鍋を使用した昔ながらの方法の両方を実行できます。

心臓血管系の状態が許し、温度が上昇せずに病気が進行する場合、蒸気吸入の代わりに入浴することができます。吸入のために、民俗レシピを使用することをお勧めします:

嘔吐を伴う咳は、レモン入りの暖かいお茶を防ぎます。伝統的なヒーラーは、咳を温かいミルクと蜂蜜で嘔吐して治療することをお勧めしています。

夜に温かい牛乳を飲むと、睡眠が改善され、粘膜が柔らかくなり、粘膜に潤いを与え、ARVIまたはインフルエンザウイルスの活動によって引き起こされる刺激を和らげます。牛乳に少しのソーダまたは少し天然のバターを加えることができます。

なぜ人は咳から吐くのですか

咳発作中の嘔吐の出現のメカニズムには、複雑な反射特性があります。咳および嘔吐センターは延髄にあります。両方の刺激で、人は嘔吐咳を経験します。食物com睡の逆流(逆運動)は、受容体の刺激によって引き起こされます。

咳をすると、腹部の筋肉が収縮し、時には嘔吐を引き起こします。生産性の咳には気管支肺分泌物(s)の分離が伴い、気道に沿って移動するときに喉の咳受容器を刺激します。

アレルギー性疾患は、しばしば痙性の乾いた咳を伴います。呼吸器系の炎症と腫れはアレルゲンによって引き起こされます:

  • ほこりダニ
  • 家庭用化学品
  • 排気ガス
  • 香水
  • 動物の毛
  • 真菌の胞子など

病気はのどをくすぐること、くしゃみ、鼻水、咳から始まります。このため、腸の収縮が起こり、嘔吐を引き起こします。

長期にわたる発作では、腸からの食物塊が最初に胃に消え、そこから気道と口に消えます。

心不全

心血管系の病理には、非生産的な周期的な咳が伴うことがあります。体内の酸素不足により、患者は窒息し始めます。以下の症状は、心臓の病理を示しています。

  • 息切れ
  • 呼吸するときの喘鳴
  • 皮膚のチアノーゼ(青み)、
  • p血、
  • 心臓の動悸。

咳の発作は、腹部の筋肉の緊張を高め、上部の消化管を弛緩させます。このため、患者は吐き気と嘔吐を経験します。

神経咳

強い感情は、子供や大人の嘔吐による咳を引き起こすことがあります。中枢神経系への過度のストレスは延髄の機能を乱し、咳と嘔吐の中枢の誤った活性化が起こります。嘔吐による攻撃の原因:

  • 自動車事故
  • 緊張した家族の状況、
  • 嫌悪感
  • 人前で話す
  • 最近の両親と近親者の喪失。

心因性の咳と嘔吐をなくすためには、心情的背景を正常化する必要があります。人が自分で問題に対処できない場合は、精神分析医に頼る価値があります。

気管支喘息

この病気は、アレルギー反応や免疫機能不全を背景にした気管支の閉塞(狭窄)が特徴です。アレルゲンは、粘膜の腫れを引き起こします。

  • 衰弱する咳
  • 胸の圧迫感
  • 呼吸困難
  • 喘鳴
  • 嘔吐。

喘息は気胸で危険です-肺の損傷と胸膜腔への空気の浸透。

腫瘍疾患

4週間以上嘔吐を伴う非生産的な咳は、腫瘍学的疾患を示す場合があります。呼吸器の悪性腫瘍と良性腫瘍は、感覚受容器を刺激し、嘔吐を伴う発作を引き起こします。腫瘍の病状は以下によっても示されます:

  • わずかな温度上昇
  • 疲労、
  • のどの痛み
  • 呼吸困難(肺がんを伴う)。

嘔吐による定期的な咳発作の背景に症状が現れ、1か月以内に治まらない場合は、医師に相談してください。がんの早期診断は、完全治癒の可能性を高めます。

ヘビースモーカーでは、主に朝に嘔吐を伴う咳発作が起こります。この反応は、気管支、気管、喉頭などにある毛様体上皮の洗浄機能の違反に関連しています。

タバコの煙には粘膜に付着する樹脂が含まれており、上皮の繊毛を変化させます。これは、粘膜が、異物を取り除くことを許可しません。男は嘔吐するまで非常に激しく咳をします。

風邪

咳の原因は、ほとんどの場合、炎症中に気道に粘液が蓄積することです。嘔吐による攻撃は、このような病気の高度な形態の特徴です。

気管支炎では、気管支の炎症が観察され、粘膜の腫れとexcessiveの過剰な産生につながります。

嘔吐前の乾いた咳は、しばしば百日咳の症状になります。この病気は就学前の子供にとって特に危険です。脳循環の違反を伴う重度の発作を伴います。百日咳は以下によって示されます:

  • くしゃみを頻繁に
  • 低温
  • 目や喉の発赤、
  • 鼻水。

咳の発作の間、吸い込んだり吐いたりすると、特徴的なホイッスルが鳴ります。

結核

長い間、この病気はほとんど無症状です。肺結核の最初の症状は非特異的です:

  • 疲労、
  • 皮膚の白
  • 低温
  • 減量、
  • 過度の発汗。

時間が経つにつれて、咳の発作が起こり、胸部に不快感が生じます。咳には、結核性胸膜炎を伴う嘔吐とand血が伴います。患者は、鼻水、便秘または下痢、肺の喘鳴によって常に邪魔されます。

寄生虫病

夜に悪化する非生産的な痙性咳は、体内の寄生虫の増殖を示します。このような寄生虫病には、嘔吐による咳parasitic発作が伴います。

ワームは老廃物で血液や軟部組織を毒し、嘔吐により毒素を除去しようとする身体の試みにつながります。

その他の理由

嘔吐を伴う咳発作は、次の理由により引き起こされることがあります。

  • 甲状腺の病理、
  • 神経障害
  • 胆嚢機能障害、
  • 降圧薬の乱用
  • 部屋の湿度が不十分、
  • 胃食道逆流、
  • 危険な生産で働きます。

症状に普通の風邪の他の症状(鼻水、くしゃみ、発熱)が伴わない場合でも、医師の診察が必要です。

嘔吐前に咳を止める方法:攻撃に対する応急処置

症状が重篤な状態と病気の進行した形態を示すことが多いため、咳の際の嘔吐には医師の自宅での電話が必要です。

専門医が到着する前に、患者には応急処置が施されます。

  1. 部屋の呼吸と換気を促進するために、部屋のすべての窓を開けてください。
  2. 粘液の気道の浄化を加速するために、2つの枕が頭の下に置かれます。
  3. きつい服を脱ぐか脱ぐ。
  4. 湿ったタオルと加湿用のシーツが部屋に掛けられています。
  5. 攻撃後、水で顔を洗い、温かい飲み物を与えます-コンポート、緑茶、フルーツドリンク、ミルク。

発作中に蒸気吸入を行ったり、patientを吐くときに患者に鎮咳薬を投与することは望ましくありません。

錠剤とシロップ

成人で嘔吐する前に強い咳を治療する前に、医師に相談する必要があります。治療は病気の原因の診断と決定の後にのみ始まります。呼吸器系の細菌による損傷では抗生物質が処方され、ウイルスまたは真菌感染症では抗ウイルス薬または抗真菌薬(抗真菌薬)が処方されます。

抑制性咳

嘔吐を引き起こす非常に強い乾いた咳は、鎮咳薬シロップと錠剤で止められます。中枢作用薬は咳中枢の機能を抑制し、末梢薬は感覚受容体の感度を低下させます。以下の薬剤が治療計画に含まれています:

良好な去orでは、鎮咳薬は使用されません。これは、肺機能の障害と細菌の炎症に満ちています。

S排泄

咳と嘔吐にが伴う場合、粘液溶解薬と去expect薬が処方されます。前者はその粘度を低下させ、後者は呼吸器系の排泄を刺激します。耳鼻咽喉科疾患では、次の薬局の製品が使用されます。

  • ACC、
  • アンブローベン
  • ブロムヘキシン、
  • ムカルチン、
  • Fluicort
  • ハービオン
  • リベキシンムコ、
  • ブロンチョサン。

これらの薬物を体系的に使用すると、咳の生産性が向上します。これにより、肺の粘液混雑が解消されます。

抗炎症

気道の炎症をなくすために、抗炎症作用のある去expect薬および粘液溶解薬が使用されます。粘膜の治癒を促進します。これにより、軟部組織の浮腫がなくなり、体温が正常になります。粘膜の迅速な回復のために使用されます:

併用薬は、専門医の推奨がある場合にのみ5〜7日間使用する必要があります。

温度のない呼吸器疾患の場合、蒸気やエアロゾルの吸入に頼ります。

咳や吐き気は、このようなソリューションソリューションによって排除されます。

  • 気管支拡張薬(Berotek、Salgim)-気管支を拡張し、平滑筋の痙攣を軽減します。これにより、咳発作の発生を防ぎます。
  • 去expect薬(プルモザイム、アンブロキソール)-気管支の粘性分泌物を希釈し、気道から除去します。
  • 防腐剤(クロロフィルリップ、デカサン)-粘膜を消毒し、腫れや炎症を取り除き、
  • 抗生物質(フルイムシル抗生物質、ジオキシジン)-細菌叢を破壊します。

呼吸器系の重度の炎症では、ホルモン性抗炎症薬-パルミコート、ブデソニドを吸入することをお勧めします。

焦げた砂糖

カラメル化された砂糖ロゼンジは喉を柔らかくし、感覚受容体の感度を低下させます。嘔吐を防ぐために、大さじ5-7。 l砂糖は鍋で厚いキャラメルになるまで加熱されます。キャンディーの型に流し込み、完全に固まるまで放置します。ロリポップは咳き込みの最初の兆候で使用されます。

セージの煎じ薬は、ENT器官の粘膜からの炎症と腫れを和らげ、息苦しい咳をなくします。準備するには、次のものが必要です。

  • 原材料10 gに水1カップを注ぎ、
  • 火で10分煮ます
  • 緊張させて室温まで冷却します。

この煎じ薬で口と喉を少なくとも1日に3〜4回すすぎます。

黄金の口ひげ

咳がを伴わない場合、小さじ1の金色の口ひげのチンキを取る。食事の30分前に1日4回。治療薬は、このレシピに従って準備されます。

  • 7〜10枚の大きな葉が200mlのウォッカを注ぎ、
  • 暗い場所で2週間主張し、
  • ローズマリーの注入の50 mlを追加します。

嘔吐を伴う強い咳で、治療のコースは5-8日です。

牛乳と蜂蜜

吐き気に対する咳の発作は、アルカリ溶液によって止められます。彼らはを希釈し、肺から取り除きます。温めた牛乳1カップの抗炎症効果を高めるには、大さじ1を加えます。 lハニー。食事の40分後に1日3回薬を服用してください。耳鼻咽喉科疾患の場合、治療期間は10〜14日です。

大根ジュース

ブラックダイコンは、免疫刺激性、防腐性、および強壮性の特性が顕著です。嘔吐とひどい痙性咳を取り除くには、次のことを行う必要があります。

  • 野菜にくぼみを切ります
  • 大さじ2を注ぐ。 lハチミツ(ハチミツがない場合は砂糖でできます)、
  • 大根を受け皿で覆い、
  • 2時間後、蜂蜜入りのジュースをガラス容器に注ぎます。

粘液を分離するのが困難な場合は、小さじ1杯を服用してください。 1日3回、食事の30分後に資金を提供します。

大人で

大人は嘔吐を引き起こす咳を経験する可能性がはるかに低いです。これは、彼の免疫システムがさまざまな感染症と戦うことができるという事実によるもので、免疫力の低下により、咳と嘔吐が同時に起こる可能性があります。

嘔吐による咳の症状を和らげるために、多量の水を飲んでください。

上気道のほとんどの疾患は、治療的治療がなければ合併症を引き起こします。咳は喉の壁の受容体を刺激し、それがギャグ反射につながります。

持続的な咳発作は、夕方または夜間に患者を追い越します。嘔吐を伴うだけでなく、胸部の強い痛みも伴います。

上記の咳や嘔吐を引き起こす病気に加えて、成人のこのような症状は次のように説明できます:

  • 心血管疾患
  • 肺の腫瘍腫瘍の存在、
  • たばこの煙
  • 危険な生産で働きます。

松のつぼみ

腎臓にはエッセンシャルオイル、タンニン、アスコルビン酸が含まれており、これらは体の防御に有益な影響を与え、呼吸器系の感染を破壊します。成人の嘔吐による咳をなくすには、次のツールを使用します。

  • 松の芽10 gを250 mlの沸騰水で蒸し、
  • 弱火で3分間煮込み、
  • 冷却してろ過し、レモンエッセンシャルオイルを2〜3滴加えます。

急性炎症の場合は、1日4回まで10mlの煎じ薬を服用してください。

発作性の咳で状態を緩和するために何をすべきか

咳攻撃は深刻な合併症を伴うため、無視することはできません。咳を和らげるには:

  • 枕を2つ頭の下に置いて患者を寝かせる
  • 温かく豊富な飲み物を提供し、
  • 部屋を換気し、空気を加湿します。

発作の原因がわかっている場合、患者には鎮咳薬シロップまたは錠剤が投与されます。気管支痙攣では、気管支拡張薬が使用されます-グラウシン、サルブタモール、ベロデュアル。咳が窒息、嘔吐、または筋けいれんを伴う場合は、医師に相談してください。このような症状は、しばしば呼吸器疾患の複雑な経過を示しています。

嘔吐で咳を衰弱させるための応急処置

  1. まず第一に、患者が衰弱している場合、自宅の医師に電話する必要があります。
  2. 患者に安静を与える必要があります。
  3. できるだけ頻繁に温かい飲み物を与えます。
  4. 患者がいる部屋を定期的に換気します。
  5. 体温が上昇していない場合は、吸入手順を実行してください。

代替治療法

嘔吐で咳を治療する薬物法に加えて、かなりの数の代替法があります。例えば:

  • 薬草の乳房コレクション-患者の状態を緩和するのに役立ちます。
  • 蜂蜜または脂肪、動物起源で胸部をこする。挽いた後、暖かいスカーフに変わります。夜に実行します。

重要!この手順は、高い体温では実行されません。

  • バターと蜂蜜を溶かした温かいbでた牛乳を飲む。

嘔吐咳はかなり憂慮すべき症状です。表示されたら、正確な診断を下すために医師に相談する必要があります。薬物治療のコースを処方できるのは専門家だけです。

神経質

ギャグ反射を伴う咳が突然現れたり消えたりすることがあります。このような咳は、自宅や職場での不健康な状況、ストレスの多い状況、そして人が血液を見るとき、緊急事態が臭い、不快な職業またはビジネスにうんざりしているために現れます。

咳や嘔吐が神経質に現れる場合、それは本質的に心因性であり、治療することはできません。患者自身だけが状況を修正し、彼の状態に影響を与えることができます。良好な雰囲気、静けさ、快適な条件と平和を確保する必要があります。

嘔吐咳は、しばしば外的要因により発生します。嘔吐は、風邪からのようにくしゃみを伴う筋肉のけいれんにより引き起こされます。アレルギー反応は多くの刺激物に現れる可能性があります。それが症状の原因になります。

肺がん

喉に傷がある、窒息性の咳、わずかな体温がある場合、緊急に医師の診察を受ける必要があります。これらは喉のがんの発生の徴候である可能性があります。腫瘍が発生すると喉頭が狭くなり、神経根が刺激され、呼吸が困難になります。理由として、胸膜領域の体液蓄積、気管支の機能領域の減少、腫瘍成長、リンパ節による気管支の圧迫、気管支粘膜の炎症を伴う。

ギャグ反射のとき、ピルとシロップは嘔吐してすぐに出るため、飲むのは困難です。まれな嘔吐では、薬は経口摂取されます。嘔吐前に絶えず咳をすると、すべての薬が静脈または筋肉に注射されます。

去ector薬は乾いた咳のために処方され、気管支には粘viscousがあります。彼らのおかげで、たんはより速く排泄されます。咳止め薬はそれを排除するのに役立ち、,がない場合に処方されます。

吐き気と嘔吐のための薬は、脳の嘔吐中枢に影響を与え、それをブロックするのに役立ちます。嘔吐を防ぐには、咳をなくす必要があります。結核、肺炎、気管支炎には抗生物質が処方されています。細菌感染している場合、効果的に機能します。合併症に対する予防措置として、ウイルス感染に推奨される場合があります。抗ウイルス剤は、病気の原因物質を克服するのに役立ちますが、咳ではありません。抗ヒスタミン薬はアレルギーに処方され、アレルゲンに反応する受容体をブロックします。

成人の嘔吐前の咳:原因

ほとんどの場合、懸念の原因はまったくありません。成人の嘔吐前の咳は、最も一般的な原因である未治療のカタル性疾患を引き起こす可能性があります。ほぼ2人に1人の患者は、病気が悪化するとすぐに、薬で自分の体を「毒」することを拒否します。その結果:数日後、大人で賢い人に嘔吐する前に咳をします。朝起きてベッドから出ることがよくあります。この時点で、蓄積されたすべての粘液が出て喉を刺激する傾向がありました。筋肉のけいれんが起こり、その結果、嘔吐します。そして、病気は完全に治療されるでしょう、そのような状態は観察されないでしょう。

気管炎、気管支炎、肺炎、さらにはSARSでさえ嘔吐を伴うという事実は、多くの人が知りません。しかし、多くの人にとって、呼吸器疾患が発生するのは非常に不快な症状です。しかし、残念ながら、成人の嘔吐前の咳には、より深刻な理由があります。

  • 気管支喘息。嘔吐は、病気の初期段階での直接的な症状です。
  • アレルギー大部分の場合、進行した疾患またはアレルゲンとの強い接触により、活発な咳とともに嘔吐が観察されます。
  • 結核温度の上昇とともに、嘔吐中に斑点も観察されます。
  • 肺がん痙攣性の咳が徐々に嘔吐に変わります。
  • 急性心不全。空気の欠乏により窒息が生じ、徐々にギャグ反射を引き起こします。
    上記のすべてに関連して、成人の嘔吐は非常に危険な原因になる可能性があり、医師の注意が必要です。

成人の嘔吐前の激しい咳

咳の種類に細心の注意を払う必要があります。したがって、成人で嘔吐する前に強い咳をすると、肺炎が下に隠れることがあります。最初は耳が聞こえませんが、時間が経つにつれて非常に強くなり、嘔吐物だけでなく化膿したものも残ります。

気管炎もこの種の咳を引き起こす可能性があります。同時に、音は非常に大きく、胸骨の下に痛みが生じる可能性があります。人は一般的な衰弱、発熱を感じ、常に眠りたいと思っています。

急性気管支炎は、成人の嘔吐前に強い咳を引き起こします。毎日、彼はますます強くなり、痛みが増し、嘔吐反射が著しく増加します。

嘔吐前の発熱のない成人咳

ほとんどの慢性呼吸器疾患は、成人の嘔吐前に発熱のない咳を伴います。気管支喘息にも同様の症状があります。例外は、咳が現れる理由です。ほとんどの場合、これはアレルゲンとの接触です。したがって、咳の悪化は季節的なものです。しかし、アレルゲンは異なり、それらに対する反応も異なります。

嘔吐前の成人の咳

ほとんどの場合、成人の嘔吐前の咳発作は午前中に始まります。ほとんどの場合、それらの原因は、化膿性分泌物の活発な蓄積であり、夜間に活発に収集されます。人が運動活動を開始するとすぐに、彼らは積極的に外出します。その結果、悲嘆のけいれんとギャグ反射。

アレルギー患者の場合、嘔吐前の咳発作はアレルゲンとの直接的な接触において特徴的です。アレルギー性の咳が嘔吐を引き起こすには一瞬かかります。アレルゲンの作用が停止するとすぐに、反応は通過します。

嘔吐の前夜の成人の咳

ほとんど常に夜に、成人の嘔吐が彼の中毒のために現れます。タバコやアルコールへの中毒は、しばしばそのような身体の反応を引き起こします。

急性気管支炎は長時間の夜咳を引き起こす可能性があります。攻撃は非常に強く、痛みを伴います。 Sは非常に活発です。人は長い間咳をすることができません。

成人の朝から嘔吐までの咳

朝の咳はほとんどすべての場合に起こります。発作の期間と性質は異なりますが。成人の朝から嘔吐までの咳は、多くの場合非常に痛みを伴います。夜間に溜まったfulはすべてなくなるためです。このような攻撃が頻繁に発生する場合は、専門家を訪問して正確な原因を特定する必要があります。

成人で嘔吐する前に咳、治療方法は?

真実は、そもそも病気の原因を取り除く必要があり、その後すべてが正常化するということです。したがって、まず、薬局に急いで、容疑者のアシスタントを購入する必要はありません。それらは医師によって処方されます。成人の嘔吐前に咳を治療するために最も効果的でしばしば処方されるものには、次のものがあります。

  • の排出を助けるシロップ。最も人気があるのは、リンカス、ブロンホボブ、アスコリル、ネオコディンです。
  • 咳のレシピを抑えることを目的とした薬。このリストでは、「グリシン」、「コデイン」、「オキセラジン」を強調表示できます。
  • モミ油、ユーカリを使用した吸入。

成人の嘔吐のせきは、正しい診断を下すことができる専門医に、正しく効果的に治療する方法を伝えるだけであることに注意してください。そしてその後にのみ、治療を開始することが急務です。豊富な飲酒体制、煎じ薬、新鮮な空気、保湿は症状を緩和するだけですが、患者の問題を軽減します。

あなたの健康を監視する必要があります。そして、これを正しく行う必要があります。成人の嘔吐まで咳をするとき、それは病気の深刻な兆候であり、可能なすべての方法で直ちに対処する必要があります。

ビデオを見る: てんかん発作の 代表的13症例をアニメ化音声と字幕による解説付き (十一月 2019).

Loading...