診断

メキシドールは膵炎の治療に役立ちますか?

膵炎の治療では、さまざまな作用範囲の多くの薬が処方されています。原則として、メキシドールなどの剤形も治療中に存在します。このツールは、損傷および刺激効果をもたらすさまざまな要因の影響に対する身体の抵抗力を高めることを目的としています。治療の一環としての膵炎に対するメキシドールの受容も、酵素中毒症、内因性中毒のレベルを低下させる能力によるものです。

多くの場合、メキシドールは急性型壊死性膵炎の治療に使用されます。外科的介入の適応を含む。この場合、剤形は手術後の最初の日、または実施前の最初の日に処方されます。薬の投与量は個々であり、多くの要因に依存します。特に、疾患の形態、患者の年齢、疾患の重症度、特定の動態。さらに、医師はプロセスの広がりも考慮します。膵炎におけるメキシドールの離脱は徐々に行われます。その基準は、生化学分析を含む診断研究のパフォーマンスを改善することです。

注射用溶液の形の薬物の組成には、活性物質としてメチルヒドロキシピリジンコハク酸エステル(1 mlあたり50 mg)および補助成分が含まれます。

  • メタ重亜硫酸ナトリウム、
  • 注射用水。

1つのMexidol錠剤の組成物には、125 mgの活性物質エチルメチルヒドロキシピリジンコハク酸エステルと多くの補助成分が含まれています。

  • 乳糖一水和物、
  • カルボキシメチルセルロースナトリウム(カルメロースナトリウム)、
  • ステアリン酸マグネシウム。

各タブレットは、以下から構成される白色またはクリーム色の白色のコーティングでコーティングされています。

  • オパドラIIホワイト(マクロゴールポリエチレングリコール)、
  • ポリビニルアルコール
  • タルカムパウダー
  • 二酸化チタン。

リリースフォーム

Mexidolには、アンプルと錠剤の2つの放出形態があります。

アンプル中のメキシドールは、注入および筋肉内注射を目的としています。このソリューションは、無色または耐光性ガラスのアンプルで提供され、その上にブレークポイントが青または白で示され、3つのマーキングリングがあります。

アンプルの容量は2または5 mlで、ブリスターパックで5個に包装されています。カートンの包装には、1つか2つの輪郭パックと、薬物の医学的使用に関する指示が含まれています。

病院の場合、Mexidolソリューションは4、10、または20個のブリスターパックに包装されています。

メキシドールの1錠は、125 mgの質量を持ち、経口投与を目的としています。タブレットは、PVCフィルムとアルミホイルのブリスターパックに10個入り、または食品用プラスチック製のプラスチック瓶に90個入りで包装されています。

医療機関の病院の場合、錠剤は、食品グレードのプラスチックで作られたプラスチック製の瓶に入っていて、それぞれ450個または900個入りです。

注射の形での薬物の説明

アンプルのメキシドールは透明な液体の形をしており、無色でもわずかに黄色がかっていてもかまいません。

メキシドールの錠剤形態の説明

タブレットは両凸型で、丸い形で、シェルでコーティングされています。シェルの色は白から白までわずかにクリーム色で変化します。

薬理作用

メキシドールは、神経系に影響を与える薬物の薬理学的グループに属します。

  • 酸化防止剤
  • 抗低酸素、
  • 膜安定化
  • 向知性
  • 抗不安薬のプロパティ。

さらに、顕著なストレス保護効果(つまり、ストレスに対する身体の抵抗力の増加)、記憶力の改善、発作の予防または停止能力を持ち、さまざまな組織の個々の脂質画分(特に低密度リポタンパク質)の濃度を低下させますそして体液。

薬力学

メキシドールの薬理学的特性は、コハク酸エチルメチルヒドロキシピリジンの成分の活性によるものです。

ウィキペディアによると、この物質は、細胞内の膜脂質の過酸化プロセスを防止または減速する薬物のカテゴリーに属します。

コハク酸エチルメチルヒドロキシピリジンは、3-ヒドロキシピリジンのクラスに属し、一般式C5h5_nN(OH)nのピリジン誘導体です。

この物質は無色の結晶の形をしており、エタノールとアセトンに簡単に溶解し、水にわずかに溶解し、限られた範囲でジエチルエーテル、ベンゼン、ナフサに溶解する能力が特徴です。

コハク酸エチルメチルヒドロキシピリジンの作用機序は、抗酸化剤と膜保護特性によって決まります。

酸化防止剤として機能し、過酸化物(RO2 *)、アルコキシル(RO *)、およびアルキル(R *)形の酸素に代表される活性フリーラジカルが関与する連鎖酸化反応を遅くし、抑制します。

このため、Mexidolの使用を背景に:

  • 抗酸化酵素スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の活性の増加、
  • タンパク質と脂質の比率が増加し、
  • 細胞膜の粘度が低下し、それに応じて、それらの流動性が増加します。

この薬は、膜結合酵素(特に、アセチルコリンエステラーゼのコリン作動性システムの主要酵素、リアーゼのアデニル酸シクラーゼクラスの酵素、カルシウム非依存性PDE(ホスホジエステラーゼ))の活性インジケーター、および受容体複合体(GABA-ベンゾジアゼピン受容体複合体)の活性インジケーターを調節および正常化します。

  • 膜結合酵素と受容体複合体は、リガンドへの結合能力を高め、
  • 生体膜の構造的および機能的組織の通常の指標が維持され、
  • 神経伝達物質の輸送プロセスは正規化され、
  • 神経伝達物質のシナプス伝達が改善されます。

Mexidolの錠剤と注射は、酸素欠乏に伴うさまざまな攻撃的な要因や病的状態の影響に対する身体の抵抗力を高めることができます。

この薬は、酸素欠乏、ショック、虚血、脳の循環障害、および薬物(特に抗精神病薬)またはアルコールによる全身中毒の症状を効果的に排除します。

メキシドールによる治療後(静脈内、筋肉内または経口):

  • 脳のドーパミン含有量が増加します
  • 脳内の代謝プロセスのコースが正規化され、
  • 脳の血液供給が正常化し、
  • 血液微小循環が改善する
  • 血液レオロジーが向上します
  • 血小板凝集が減少する
  • 溶血中に細胞後の血液構造(赤血球と血小板)の膜が安定化され、
  • 総コレステロール値が低下し、
  • LDLレベルが低下し、
  • 膵原性中毒症(一般的な血液中毒)の症状の重症度が軽減され、
  • 急性膵炎による内因性中毒症候群の重症度が低下する
  • 好気性解糖の代償活性が強化され、
  • 酸素欠乏状態では、トリカルボン酸サイクル(クレブスサイクル)の酸化プロセスの阻害の程度が低下します。
  • アデノシン三リン酸(ATP)およびクレアチンリン酸(クレアチンリン酸)の含有量が増加する
  • 細胞ミトコンドリアによるエネルギー合成が活性化され、
  • 細胞膜が安定化され、
  • 心筋の虚血領域での代謝プロセスのコースが正規化され、
  • 壊死のゾーンの面積が減少し、
  • 心臓の電気的活動とその収縮性が回復し、改善されます(可逆性心機能障害の患者の場合)。
  • 虚血の影響を受ける心筋の領域で血流が増加し、
  • 急性冠不全による再灌流症候群の結果の重症度が低下します。

Mexidol IVまたはIMで治療することにより、冠状動脈疾患および低酸素症による進行性のニューロパシーの患者の眼の網膜の敏感な細胞の神経線維だけでなく、神経節細胞を保存することができます。

さらに、患者の眼および視神経の網膜の機能的活動の著しい増加が認められ、視力が増加します。

メキシドール錠による治療の抗ストレス効果は次のように表されます:

  • ストレス後の行動の正常化、
  • 体性成長障害の症状の消失、
  • 睡眠と覚醒のサイクルの正常化
  • 障害のある学習能力の(部分的または完全な)回復、
  • メモリ回復
  • 脳のさまざまな部分のジストロフィーおよび形態変化の重症度を軽減します。

メキシドールはまた、離脱症状で発生する症状を効果的に除去する治療薬です。

アルコールの禁断症状(神経学的および神経毒性の両方)による中毒の症状を取り除き、行動障害を回復し、自律神経機能を正常化し、アルコールの長期使用または急激な拒絶によって引き起こされる認知機能障害の重症度を軽減または軽減します。

薬物動態

筋肉内注射後、さらに4時間血漿中の活性物質メキシドールを測定します。最大血漿濃度に達する時間は0.45〜0.5時間です。

メキシドールは血流からさまざまな組織や器官に急速に吸収され、また身体から急速に排泄されます。メチルメチルヒドロキシピリジンコハク酸エチルの平均保持時間は0.7〜1.3時間です。

エチルメチルヒドロキシピリジンコハク酸塩の生体内変化は肝臓で発生します。その結果、リン酸-3-ヒドロキシピリジン、グルクロン結合体、および他の代謝産物が形成されます。さらに、それらのいくつかは、薬理活性によって特徴付けられます。

薬物は主に尿中に排泄され、主にグルクロノ抱合型で排泄されます。少量は変更されずに表示されます。

メキシドールへの注釈によれば、コハク酸エチルメチルヒドロキシピリジンの薬物動態プロファイルに、単回投与でコース治療を受けた場合に有意な差はありません。

メキシドール錠剤の経口投与後、コハク酸エチルメチルヒドロキシピリジンは急速に吸収され、さまざまな組織や臓器に急速に分布し、急速に排泄されます。

ピルを服用してから4.9〜5.2時間で、その活性物質は患者の血漿から検出されなくなります。

肝臓での生体内変化の後、グルクロン酸との結合により5つの代謝物が形成されます。特に、リン酸-3-ヒドロキシピリジンは、アルカリホスファターゼの影響下で3-ヒドロキシピリジンとリン酸に分解します。

さらに、薬理学的に活性な物質が大量に形成されます。これは、薬物、2つのグルクロン酸抱合体、および尿とともに大量に排泄される物質を服用してから24〜48時間後に患者の尿で測定されます。

経口投与後のメキシドールの半減期は2〜2.6時間です。

物質は主に代謝物の形で尿とともに排泄され(このプロセスは摂取後最初の4時間で特に集中的に進行します)、その一部のみが変化せずに排泄されます。

変更されていない形および代謝産物の形の薬物の尿中排泄率は、個人差によって特徴付けられます。

適応症メキシドール

メキシドール注射の使用の適応(静脈内または筋肉内):

  • 脳の急性循環障害、
  • 外傷性脳損傷(外傷性脳損傷の結果の重症度を軽減または軽減するために薬物の注射も処方されています)
  • ゆっくり進行する脳血管機能不全(循環器性脳症)、
  • 神経循環(血管)ジストニア症候群、
  • 起源のアテローム硬化性の軽度の認知障害、
  • 神経症および神経症のような(疑似神経症)状態を伴う不安障害、
  • 急性心筋梗塞(薬物は、治療手段の複合体の一部として、スポイトまたは筋肉内注射の形で最初の日から処方されます)、
  • 原発型の開放隅角緑内障(アンプル中のメキシドールは様々な段階での疾患の治療を目的としていますが、複雑な治療が最も効果的と考えられています)、
  • 偽神経障害および栄養血管障害の優位性を特徴とするアルコール離脱症候群
  • 抗精神病薬による中毒の症状、
  • 腹部領域で発生する急性炎症プロセス(壊死性膵炎または腹膜炎を含む、薬物は複雑な治療手段の一部として処方されます)。

Mexidolタブレットの使用の適応:

  • TIA(一過性脳虚血発作)の結果を含む脳の急性循環障害の結果、および脳血管障害に起因する疾患の代償不全の段階での予防、
  • 軽度の頭部外傷とその結果、
  • さまざまな起源の脳の非炎症性疾患(脳症)(例えば、非循環性または心的外傷後)、
  • 神経症および偽神経症に伴う不安障害、
  • 冠状動脈疾患(治療手段の複合体の一部として)、
  • 主に偽神経障害、自律血管障害、および離脱後障害の形で現れるアルコール離脱症候群、
  • 抗精神病薬中毒の症状、
  • 無力症候群。

また、錠剤の形での薬物の使用の適応症は、身体のストレス因子への曝露による患者のシンポモ複合体の存在です。

さらに、予防目的のために、メキシドールは、極端な要因と負荷にさらされて体性疾患を発症するリスクが高い患者に適応されます。

メキシドールの作用機序は、その抗低酸素、抗酸化、および膜保護特性によるものです。したがって、「Mexidolの錠剤はなぜですか?」および「Mexidolのソリューションはいつ効果的ですか?」

  • 頭部外傷
  • てんかん
  • けいれん
  • 恐怖症と神経症、
  • VVD、
  • 硬化症
  • さまざまな病因の脳症など

メキシドールの副作用

薬剤は良好な耐性を特徴とし、特定の望ましくない効果を引き起こすことはめったにありません。

副作用。Mexidolをソリューションの形で服用した後、場合によっては注意することができます。

  • 吐き気の発作
  • 口腔内の粘膜の乾燥の増加、
  • 眠気の増加
  • アレルギー症状。

Mexidolの錠剤を服用した後に潜在的に可能性のある副作用は次のとおりです。

  • 胃の痛みや不快感、げっぷ、吐き気、胸焼け、腹部膨満感、腹部膨満感、不安定な便などの形で現れる個々の消化不良反応
  • 個々の消化不良反応は、重度の鼓腸、腸のゴロゴロ、食欲不振、全般的な衰弱、嗜眠などの形で表されます。
  • 個々のアレルギー反応。

また、薬は時々血圧を上げたり下げたり、感情的な反応性、遠位多汗症、協調障害、および眠りに落ちるプロセスを引き起こします。

メキシドール注射、使用説明書。筋肉内および静脈内に入る方法

注射用溶液の形の薬剤は、筋肉内注射または静脈への注射(ジェットまたは点滴による)を目的としています。メキシドールが静脈内投与用に処方されている場合、アンプルの内容物は等張性塩化ナトリウム溶液で希釈する必要があります。

ジェット注入は、5〜7分間の溶液の導入を伴い、薬物は1分あたり40〜60滴の速度で滴下投与されます。この場合、最大許容用量は1日あたり1200 mgを超えてはなりません。

筋肉内注射または薬物の静脈注射の前に、説明書を読む必要があります。アンプルでのメキシドールの最適な投与量は、患者の診断と患者の病気の性質に応じて、それぞれの場合に個別に選択されます。

ソリューションの形でのメキシドールの投与量

脳の急性循環障害:静脈内のドロップ法による200〜500 mgを1日2〜4回、10〜14日間。

さらに、薬物は筋肉内に投与する必要があります。指示に示されているように、この治療法は最も効果的です。筋肉内では、溶液は200〜250 mgの用量で2週間、1日2回または1日1回投与されます。

外傷性脳損傷の結果の排除:薬剤は、200〜500 mgに等しい用量で点滴法によって投与されます。注射の頻度は2〜4回で、治療期間は10〜15日です。

代償不全の段階でゆっくりと進行する脳血管不全:薬剤は、2週間にわたって1日1回または2回、点滴またはジェット方式で投与されます。

投与量は個別に選択され、200から500 mgまで変化します。さらなる治療には、筋肉内注射の投与が含まれる:次の14日間にわたって、1日あたり100〜250mgのメキシドールが患者に投与される。

循環性脳症の予防薬として:薬物は筋肉への導入用に処方されており、1日量は400〜500 mg、注射の頻度は2、治療コースの期間は2週間です。

高齢患者および不安障害の軽度認知障害:溶液は筋肉に注入され、1日の用量は100〜300 mgで、治療コースの期間は2週間から1か月です。

急性型の心筋梗塞(他の治療手段と組み合わせて):心筋梗塞の患者を治療するために行われる従来の手段と組み合わせて、薬剤を2週間筋肉または静脈に注射します。

治療コースの最初の5日間は、点滴注入法で薬剤を静脈内投与することをお勧めします。その後、筋肉内注射に進むことができます(注射は9日間続きます)。

点滴投与法では、メキシドールは等張性塩化ナトリウム溶液または5%グルコース溶液で希釈されます。推奨される量は100〜150 mlで、注入時間は30分から1時間半までさまざまです。

これが必要な場合は、点滴方式で溶液を投与することが許可されます(注入の期間は少なくとも5分でなければなりません)。

静脈内および筋肉内の両方で、薬は8時間間隔で1日3回投与する必要があります。最適な用量は、患者の体重1キログラムにつき1日あたり6〜9 mgです。したがって、単回投与は体重1キログラムあたり2または3 mgです。

この場合、最大許容日用量は800 mgを超えてはならず、1回-250 mgです。

開放隅角緑内障(他の治療手段と組み合わせた疾患のさまざまな段階):薬物は2週間筋肉内投与され、1日用量は100から300mgまで変化し、注射の頻度は1日を通して1から3です。

アルコール離脱:投与経路は点滴または筋肉内注射であり、1日量は200から500 mgまで変化し、注射の頻度は1日あたり2または3回です。治療コースの期間は5〜7日です。

抗精神病薬による中毒:投与経路は静脈内であり、1日用量は200〜500 mg、治療コースの期間は1〜2週間です。

腹腔の急性化膿性炎症プロセス:薬剤は、手術前の初日と手術後の初日の両方での使用が適応となります。投与方法-静脈内点滴および筋肉内。

用量は、疾患の重症度と形態、病変の範囲、臨床像の特徴に応じて選択されます。 1日あたり300(軽度の壊死性膵炎)から800 mg(非常に重症の疾患の場合)まで変化します。

薬物の使用中止は、安定した肯定的な臨床的および実験的効果を達成した後にのみ、徐々に実行されるべきです。

メキシドール錠、使用説明書

メキシドール錠は経口投与を目的としています。 1日の投与量は375〜750 mgで、投与の頻度は3です(1日2回1錠または2錠)。最大許容用量は1日あたり800 mgで、6錠に相当します。

治療コースの期間は、病気と処方された治療に対する患者の反応に依存します。原則として、2週間から1か月半です。アルコール禁断症状の緩和のために薬が処方されている場合、コースの期間は5〜7日です。

同時に、薬物の突然のキャンセルは許容されません。治療は徐々に停止され、2〜3日間用量を減らします。

コースの初めに、患者は一度に1つか2つの錠剤を1日1回または2回服用するように処方されています。肯定的な臨床効果が得られるまで用量を徐々に増やします(1日あたり6錠を超えないようにしてください)。

虚血性疾患と診断された患者の治療コースの期間は、1ヶ月半から2ヶ月です。必要に応じて、医師は2番目のコースを処方できます。 2番目のコースを割り当てるのに最適な時期は、秋と春です。

相互作用

この薬は、体性疾患の治療に使用されるすべての薬と互換性があります。

ベンゾジアゼピン誘導体と併用すると、抗うつ薬、抗精神病薬、精神安定剤、抗けいれん薬(例:カルバマゼピン)および抗パーキンソン病薬(レボドパ)が身体への効果を高めます。

これにより、後者の投与量を大幅に削減できるだけでなく、開発の可能性と望ましくない副作用の重症度を減らすことができます(Mexidolは特定のカテゴリーの患者に処方されます)。

この薬はエタノールの毒性作用の重症度を軽減します。

メキシドールとピラセタム:互換性

有効成分としてのピラセタムは、脳の認知(認知)プロセスを改善するために使用される薬物Nootropilの一部です。

NootropilとMexidolを組み合わせて使用​​すると、子供の精神的能力の改善、虚血性脳卒中またはcom睡後の患者の回復、慢性アルコール依存症、精神器質症候群の治療(記憶力低下、気分不安定、行動障害のある高齢患者を含む)でより良い結果を達成できますなど。

ただし、抗知性薬(特にNootropil)とは対照的に、メキシドールは体に活性化効果がなく、睡眠障害を引き起こさず、けいれん活動を増加させないことに注意する必要があります。

その治療効果において、それはピラセタムよりも著しく優れています。

MexidolとActoveginの互換性

MexidolとActoveginには同様の作用メカニズムがあるため、多くの場合、互いに組み合わせて処方されます。しかし、アクトベジンは子牛の血液から作られているため、メキシドールよりもある程度頻繁に特定の副作用を引き起こします。

分子レベルでのアクトベジンは、酸素とグルコースの利用プロセスを加速し、それにより低酸素に対する身体の抵抗力を高め、エネルギー代謝の増加に貢献します。

強力な抗低酸素剤であるアクトベジンは、糖尿病、外傷性脳損傷、脳卒中後、硬化症、脳機能不全、末梢および静脈循環障害などに処方されています。

CavintonとMexidolの互換性

キャビントンの有効成分として、ビンポセチンが使用されます。ビンポセチンは、多年生植物の小さなツルニチニチソウのアルカロイドであるビンカミンから合成されます。この物質には、血管を拡張する能力、脳内の血液循環を改善する能力、顕著な抗凝集および抗低酸素効果があります。

さらに、ビンポセチンは脳組織で発生する代謝プロセスに影響を与え、血小板凝集(または言い換えれば癒着)を減少させ、それによりそのレオロジー特性を改善します。

Mexidolのアナログ

多くの患者にとって、「医師によって処方された薬をどのように置き換えることができ、安価な類似物はありますか?」という疑問がしばしば生じます。

タブレットのMexidolアナログ:

  • 低酸素錠剤とカプセル、
  • Mexi B6フィルムコーティング錠
  • 経口投与記念のためのホメオパシードロップ、
  • Nucleo CMF Forteカプセル、
  • セレノノルム錠、
  • サイトフラビンの腸溶性錠剤、
  • グリシン錠
  • ポリニューリンのフィルムコーティング錠。

アンプル中の薬物の類似体は次のとおりです。

  • Vitagammaの筋肉内投与のためのソリューション、
  • 低酸素静脈内溶液、
  • コンビリペンの筋肉内投与のためのソリューション、
  • Compligam Bの筋肉内投与のためのソリューション、
  • コルテキシン注射用溶液の凍結乾燥物、
  • 胎盤組成物の筋肉内投与のためのホメオパシー溶液、
  • Trigammaの筋肉内投与のためのソリューション、
  • サイトフラビンの静脈内投与のための溶液、
  • Emoxibel輸液ソリューション
  • エトキシドールの静脈内および筋肉内投与のための溶液。

かなり頻繁に、患者は質問を持っています:彼によって処方された薬物の類似体のどれがより良く、より安く、副作用がより少ないなどです。したがって、このトピックを詳細に検討する価値があります。

どちらが良いですか:ActoveginとMexidolのどちらですか?

薬物は、医学の同様の分野で使用されています。このため、より顕著な臨床効果を達成するために、患者はそれらを組み合わせて処方されます。

MexidolとActoveginを同じシリンジで混合することはお勧めしません。それらの有効成分が相互作用し、互いの構造を破壊し、有害反応の可能性を高める可能性があるためです。

メキシドールとメキシコールのどちらが良いですか?

メキシコ人はメキシドールの総称(同義語)です。したがって、この薬はメキシドールと同じ医学分野で使用されています。ゼラチンカプセル、錠剤、注射剤の形で入手できます。

メキシコ人は効果的に不安を和らげ、恐怖を和らげ、気分を改善し、記憶力、注意力を改善し、作業能力と学習能力を高め、アルコール中毒の症状を取り除き、脳卒中の病理学的影響を軽減します。

薬物は代謝性心臓保護剤のグループに属します。その作用のメカニズムは、コハク酸塩の抗低酸素剤と抗酸化剤エモキシピンの組成の合併によるものであり、これは幅広い作用スペクトルによって特徴付けられます。

他の治療法と組み合わせて、メキシコは心筋虚血および虚血性脳卒中の治療に適応されています。また、軽度および中程度の認知障害の治療に処方すること、および循環性脳症の症状の重症度を軽減することも推奨されます。

メキシドールまたはミルドロネート-どちらが良いですか?

Mildronateは、組織の代謝とエネルギー供給を改善する薬のグループに属します。ゼラチンカプセル、注射、シロップの形で経口投与できます。

薬の有効成分はメルドニウム(トリメチルヒドラジニウムプロピオネート)で、その構造はガンマブチロベタイン(生体のすべての細胞に存在する物質)に似ています。

Mildronateは血管拡張薬として使用されます。さらに、この薬は臓器や組織への酸素の供給を改善し、液性および組織の免疫力を高め、血圧を低下させます。

メキシドールとミルドロネートは、以下の患者の治療のための併用療法の一部として処方されます:

  • アルコール離脱症候群の結果、
  • 脳の循環障害、
  • 冠動脈疾患。

  • メドメキシの静脈内および筋肉内投与用のフィルムコーティング錠および溶液、
  • 静脈内および筋肉内投与のためのソリューションMexidant、
  • メキシプリムの静脈内および筋肉内投与用のフィルムコーティング錠および溶液、
  • 注射と錠剤メキシフィナム、
  • Neuroxの静脈内および筋肉内投与のためのソリューション、
  • メキシプリドール注射と錠剤、
  • 静脈内および筋肉内投与用の溶液およびメキシコカプセル。

メキシドールとアルコール

メキシドールは強力な抗酸化作用を持つ薬剤です。このため、手術、精神医学、神経学など、さまざまな医療分野で広く使用されています。

「メキシドール医学とは何ですか?」という質問に対して、経験豊富な専門家は、後者が神経学的および心理学的領域の機能を効果的に回復し、さらに肝細胞の機能活性を更新および維持するのに役立つと答えます。

薬物には肝保護作用と向知性作用があるため、メキシドールの処方はアルコール離脱症候群を治療する最も一般的な方法の1つであり、エチルアルコールによる身体の中毒を背景に発症します。

メキシドールとアルコールは互換性があると考えられています。一部の人は、薬物が後者の効果を部分的に中和さえすると信じる傾向があります。しかし、脳と肝臓の組織を貫通する活性物質メキシドールは、中毒の既存の症状を除去し、病理を除去するだけで、細胞を保護しないため、この意見は誤りです。

つまり、薬物はアルコール摂取の望ましくない症状の発生を防止せず、その結果を排除するだけです:

  • 頭痛を軽減
  • 中毒症状の重症度を軽減し、
  • アルコールに含まれる有毒物質やフーゼル油の残留物を肝臓から除去するプロセスを加速します。

しかし、メキシドールは、同じ量のアルコールを飲み続けた場合、肝硬変や不可逆的な精神障害から保護することはできません。

メキシドールに関するレビュー

Mexidolについての医師のレビューは、この薬がロシアの医薬品市場で最も成功した製品の1つであることを示しています。

この薬は、脳の急性および慢性循環障害の症状の重症度を軽減する効果的なツールとしての地位を確立しています。

このツールは、離脱状況にも役立ちます。ほとんどすべての患者が、嗜癖に対する渇望の減少を報告しています。さらに、彼らは不安を大幅に減らし、一般的に生活の質を改善します。

フォーラムで見つけることができる錠剤と注射剤のメキシドールのレビューは、この薬がVVDで観察される不快な症状を排除するのに役立つことも確認しています-VVD-地球の成人人口のほぼ3分の1がある程度苦しんでいる病気

子供がメキシドールを処方されていないという事実にもかかわらず、多くの医師は、薬物の注射が頭部外傷後の子供の状態を迅速に安定させ、酸素欠乏によって引き起こされる症状を緩和できることに注意しています。

メキシドールは、低酸素症の兆候で生まれた子供にも効果的です。新生児の状態の改善と脳の栄養の正常化は、薬物の投与後1〜2時間以内に観察されます。

VVDの開発、および他のほとんどの病状の開発は、主にフリーラジカル酸化プロセスに関連しています。メキシドールは抗酸化物質であり、これらのフリーラジカルプロセスを効果的に抑制します。

薬物は細胞の生体膜を安定化し、ミトコンドリアのエネルギー合成機能を活性化し、受容体複合体の機能を調節し、イオン電流の通過プロセスを調節し、内因性物質の結合を強化し、シナプス伝達と脳構造間の関係を改善します。

しかし、メキシドールに関する肯定的なレビューに加えて、薬物に満足していない人々の意見も見つけることができます。

注射に関する否定的なレビューは、主に薬が眠気、吐き気、頭痛などの副作用を引き起こす場合があるという事実に関連しています。そのような現象の説明は、薬物の成分のいずれかに対する患者の個々の感受性であり得る。

アンプルの価格はいくらですか?

ロシア市場では、2 mlのMexidolアンプルの価格は平均で375から480ルーブル(10アンプル)です。 5 mlのアンプルは、355〜1565ルーブルの価格で購入できます(パッケージ内のアンプルの数によって異なります)。

ウクライナでのIV Mexidol注射の価格は、2 mlのアンプル10個あたり250-315 UAH、5 mlのアンプル5個あたり250-305 UAHです。

  • ロシアのオンライン薬局
  • ウクライナのオンライン薬局ウクライナ
  • カザフスタンのオンライン薬局

  • メキシドール溶液50 mg / ml 2 ml 10個
  • Mexidol錠125 mg 30個World Pharm
  • Mexidol Dent Activ歯磨き粉65 g
  • メキシドールデント歯磨き粉フィト65 g
  • Mexidol Dent Toothpaste Sensitive 65 g
薬局36.6
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 5ml N5VECTORFARM
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 2ml N10VECTORFARM
  • メキシドールデント歯磨き粉複雑な65g
  • メキシドールデント歯磨き粉複雑な100g
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 2ml N10VECTORFARM
  • Mexidol 5%5ml 5番アンプルEllara MC
  • Mexidol 125mg No. 50錠ZiO Health
  • Mexidol 5%5ml No. 20アンプルEllara MC
  • Mexidol 5%2ml No. 50アンプルEllara MC
  • Mexidol 5%2ml 10番アンプルEllara MC
パニ薬局
  • in.v / in.v / m amp。Ellara MC LLC(ロシア)のMexidol 50 mg / ml 5ml No. 5ソリューション
  • Mexidol 125 mg No. 50 tab.po.Health firm ZiO ZAO(ロシア)
  • in.v / in.v / m amp。Armavir生物学的工場(ロシア)のためのMexidol 50 mg / ml 5ml 5番溶液
  • in.v / in.v / m amp。Armavir生物学的工場(ロシア)のためのMexidol 50 mg / ml 2ml No. 10ソリューション
  • in.amp。Ellara MC LLC(ロシア)用のMexidol 5%/ 2 ml No. 10ソリューション
もっと見る

注意してください!サイト上の医薬品に関する情報は、参照元の一般化であり、公的な情報源から収集されたものであり、治療中の医薬品の使用を決定するための基礎としては使用できません。薬物メキシドールを使用する前に、必ず医師に相談してください。

Mexidol®は/ mまたは/ in(ジェットまたはドリップ)で投与されます。輸液用の溶液を調製するには、薬物を0.9%塩化ナトリウム溶液で希釈する必要があります。

JetnoMexidol®は、5〜7分間ゆっくりと投与され、40〜60滴/分の速度で滴下します。 1日の最大用量は1200 mgを超えてはなりません。

急性脳血管障害では、Mexidol®は最初の10〜14日間静脈内に200〜500mgの点滴を1日2〜4回、その後/ m 200〜250mgを2〜3回/日で2週間使用します。

外傷性脳損傷および外傷性脳損傷の結果の場合、Mexidol®は1日2〜4回、200〜500 mgの点滴で10〜15日間使用されます。

代償不全期の循環障害性脳症の場合、Mexidol®は14日間、200-500mgの1日1〜2回のドロップまたはドロップ用量で静脈内投与され、その後、次の2週間はin / m 100-250mg /日で使用されます。

循環性脳症の予防のために、Mexidol®は、10〜14日間、1日2回、200〜250mgの用量でIM投与されます。

高齢患者および不安障害の軽度の認知機能障害の場合、Mexidol®は、100〜300 mg /日の用量で14〜30日間IM投与されます。

複雑な治療の一環としての急性心筋梗塞では、硝酸塩、ベータ遮断薬、ACE阻害薬、血栓溶解薬、抗凝固薬、抗血小板薬などの従来の心筋梗塞治療を背景に、Mexidol®が14日間静脈内または筋肉内投与されます。指示に従った手段。

最初の5日間は、最大の効果を得るために、次の9日間に/で薬剤を投与することをお勧めします。Mexidol®は/ mで投与できます

薬剤の導入/注入では、100%から150mlの容量の塩化ナトリウムの0.9%溶液またはデキストロース(グルコース)の5%溶液を30分間から90分間ゆっくりと(副作用を避けるために)点滴注入します。必要に応じて、少なくとも5分間続く薬物のゆっくりとしたジェット注入が可能です。

薬物の導入(in / inまたは/ m)は8時間ごとに1日3回行われ、1日の治療用量は6〜9 mg / kg体重/日、1回の投与は2〜3 mg / kg体重です。 1日の最大投与量は800 mgを超えてはならず、1回で250 mgです。

複雑な治療の一環として、さまざまな段階の開放隅角緑内障で、Mexidol®は14日間IM 100-300 mg /日1〜3回/日投与されます。

アルコール離脱症候群の場合、Mexidol®は200〜500mgの静脈内投与/ドロップまたはIMで2〜3回/日、5〜7日間投与されます。

抗精神病薬による急性中毒では、Mexidol®は7〜14日間200〜500mg /日の用量で静脈内投与されます。

腹腔の急性化膿性炎症プロセス(急性壊死性膵炎、腹膜炎)では、Mexidol®は術前と術後の両方の最初の日に処方されます。投与量は、疾患の形態と重症度、プロセスの有病率、および臨床経過のオプションによって異なります。安定した肯定的な臨床的および実験的効果の後にのみ、薬物の中止を徐々に行う必要があります。

急性浮腫性(間質性)膵炎では、Mexidol®は1日3回200-500 mgを点滴(等張性塩化ナトリウム溶液)および/ mで処方されます。

軽度の壊死性膵炎の場合、Mexidol®は、100〜200mgを1日3回、1日3回、1滴ずつ(等張性塩化ナトリウム溶液中)および/ mで処方されます。

中程度の壊死性膵炎の場合-200 mg 3回/日/点滴(等張性塩化ナトリウム溶液中)。

重度の壊死性膵炎の場合-最初の日に800 mgのパルスを投与し、投与計画を2倍にした後、-200〜500 mgを1日2回、1日あたりの投与量を徐々に減らします。

壊死性膵炎の非常に重篤な形態では、初期の用量は、膵原性ショックの症状が持続的に緩和されるまで800 mg /日であり、状態を安定させるために、300-500 mgを1日2回/点滴(0.9%塩化ナトリウム溶液中)で1日量を徐々に減らします。

禁忌

メキシドールの非経口投与のための溶液の使用は、以下を含む身体の特定の病的状態では禁忌です:

  • 肝臓障害。
  • 腎不全。
  • 薬物の成分に対する個々の不耐性または過敏症。

Mexidol Injectionの使用を開始する前に、Mexidol Injectionの使用に禁忌がないことを確認することが重要です。

投与量と投与

非経口投与用のソリューションMexidolは医療施設で使用されています。筋肉内または静脈内に投与され、感染を防ぐために無菌および消毒薬の規則に従っています。静脈内投与では、薬をジェットで5〜7分間ゆっくりと注入するか、静脈内に点滴します。事前に生理食塩水に溶解します。薬の1日量は1200 mgを超えてはなりません。 Mexidol注射液の投与量とレジメンは、病理学的プロセスに依存します。

  • 脳の急性循環障害(虚血性または出血性脳卒中)-最初の10〜14日間は1日2〜4回、200〜500mgを静脈内投与し、その後は別の2については1日2〜3回200〜250mg週。
  • 代償不全の段階の循環障害性脳症-200-500 mgを静脈内または1日1〜2回、14日間、さらに2週間、さらに2週間、さらに2週間100-250 mgで筋肉内投与します。循環性脳症の経過を予防するために、薬物は10〜15日間、1日2回200〜250mgで筋肉内投与されます。
  • 頭蓋脳損傷およびその結果の複雑な治療-10〜15日間、1日2〜4回200〜500mgを点滴する。
  • 高齢者の認知機能障害、ならびに不安感の発達-10〜30日間、1日1回100〜300mgで筋肉内投与。
  • 心筋梗塞-非経口投与のためのソリューションMexidolは、他の薬理学的グループの薬剤と組み合わせて併用療法で使用されます。心筋梗塞後の最初の5日間は、静脈内投与が推奨され、その後9日間筋肉内投与が推奨されます。平均用量は8時間ごとに250 mgです(1回の注射で患者の体重1 kgあたり2〜3 mgに基づいて計算されます)。 1日の投与量は800 mgを超えないようにしてください。
  • 慢性アルコール中毒の禁酒症候群-点滴または200〜500 mgの筋肉内注射を1日2〜3回、5〜7日間行う。
  • 開放隅角緑内障-筋肉内、1日1〜3回、100〜300mgを14日間。
  • 抗精神病薬による中毒-静脈内点滴またはジェット200〜250 mgを1日あたり14日間。

急性化膿性炎症性病変(腹膜炎、浮腫、壊死性膵炎)の治療では、メキシドール溶液の投与量と投与方法はプロセスの重症度によって決まります。手術前および術後の持続的な臨床的改善が現れるまで使用されます。この場合、薬物は徐々にキャンセルされ、投与された用量の一定の緩やかな減少が実行されます。

副作用

一般に、メキシドールの非経口投与の解決策は忍容性が高いです。吐き気や口腔粘膜の乾燥を発症することもあります。また、皮膚の発疹、かゆみ、tic麻疹(イラクサのやけどに似た特徴的な発疹)の出現を含むアレルギー反応の発生も考えられます。高治療用量で薬物を使用すると、眠気が発生する場合があります。重度の副作用は、薬物中止の基礎です。

特別な指示

筋肉内および静脈内投与のためのソリューション

亜硫酸塩に対する感受性が増加したアレルギー反応の素因を持つ患者、および気管支喘息の患者では、治療中に重度の過敏症反応が発現する場合があります。

メキシドール錠

Mexidol錠剤による治療の過程で、健康と生命へのリスクを伴う作業を運転および実行する場合、特別な注意を払う必要があります。これは、薬物が精神運動反応の速度を低下させ、集中力を低下させる能力を持っているという事実によるものです。

Mexidolのアナログ

多くの患者にとって、「医師によって処方された薬をどのように置き換えることができ、安価な類似物はありますか?」という疑問がしばしば生じます。

タブレットのMexidolアナログ:

  • 低酸素錠剤とカプセル、
  • Mexi B6フィルムコーティング錠
  • 経口投与記念のためのホメオパシードロップ、
  • Nucleo CMF Forteカプセル、
  • セレノノルム錠、
  • サイトフラビンの腸溶性錠剤、
  • グリシン錠
  • ポリニューリンのフィルムコーティング錠。

アンプル中の薬物の類似体は次のとおりです。

  • Vitagammaの筋肉内投与のためのソリューション、
  • 低酸素静脈内溶液、
  • コンビリペンの筋肉内投与のためのソリューション、
  • Compligam Bの筋肉内投与のためのソリューション、
  • コルテキシン注射用溶液の凍結乾燥物、
  • 胎盤組成物の筋肉内投与のためのホメオパシー溶液、
  • Trigammaの筋肉内投与のためのソリューション、
  • サイトフラビンの静脈内投与のための溶液、
  • Emoxibel輸液ソリューション
  • エトキシドールの静脈内および筋肉内投与のための溶液。

かなり頻繁に、患者は質問を持っています:彼によって処方された薬物の類似体のどれがより良く、より安く、副作用がより少ないなどです。したがって、このトピックを詳細に検討する価値があります。

どちらが良いですか:ActoveginとMexidolのどちらですか?

薬物は、医学の同様の分野で使用されています。このため、より顕著な臨床効果を達成するために、患者はそれらを組み合わせて処方されます。

MexidolとActoveginを同じシリンジで混合することはお勧めしません。それらの有効成分が相互作用し、互いの構造を破壊し、有害反応の可能性を高める可能性があるためです。

キャビントンとメキシドールのどちらが良いですか?

CavintonとMexidolは両方とも補完的な薬物であるため、脳の循環障害の影響を排除するために複合体で処方されることがよくあります。

主な要件は、1つのスポイトまたは同じシリンジで薬物を混合しないことです。

メキシドールとメキシコールのどちらが良いですか?

メキシコ人はメキシドールの総称(同義語)です。したがって、この薬はメキシドールと同じ医学分野で使用されています。ゼラチンカプセル、錠剤、注射剤の形で入手できます。

メキシコ人は効果的に不安を和らげ、恐怖を和らげ、気分を改善し、記憶力、注意力を改善し、作業能力と学習能力を高め、アルコール中毒の症状を取り除き、脳卒中の病理学的影響を軽減します。

薬物は代謝性心臓保護剤のグループに属します。その作用のメカニズムは、コハク酸塩の抗低酸素剤と抗酸化剤エモキシピンの組成の合併によるものであり、これは幅広い作用スペクトルによって特徴付けられます。

他の治療法と組み合わせて、メキシコは心筋虚血および虚血性脳卒中の治療に適応されています。また、軽度および中程度の認知障害の治療に処方すること、および循環性脳症の症状の重症度を軽減することも推奨されます。

メキシプリムとメキシドール-どちらが良いですか?

メキシプリムは、メキシドールのドイツの類似物です。その製造業者は、STADA Arzneimittel AGの懸念事項です。薬物間の主な違いは、錠剤のコアとシェルの補助成分の組成です。作用のメカニズムと使用の適応は似ています。

メキシドールまたはミルドロネート-どちらが良いですか?

Mildronateは、組織の代謝とエネルギー供給を改善する薬のグループに属します。ゼラチンカプセル、注射、シロップの形で経口投与できます。

薬の有効成分はメルドニウム(トリメチルヒドラジニウムプロピオネート)で、その構造はガンマブチロベタイン(生体のすべての細胞に存在する物質)に似ています。

Mildronateは血管拡張薬として使用されます。さらに、この薬は臓器や組織への酸素の供給を改善し、液性および組織の免疫力を高め、血圧を低下させます。

メキシドールとミルドロネートは、以下の患者の治療のための併用療法の一部として処方されます:

  • アルコール離脱症候群の結果、
  • 脳の循環障害、
  • 冠動脈疾患。

  • メドメキシの静脈内および筋肉内投与用のフィルムコーティング錠および溶液、
  • 静脈内および筋肉内投与のためのソリューションMexidant、
  • メキシプリムの静脈内および筋肉内投与用のフィルムコーティング錠および溶液、
  • 注射と錠剤メキシフィナム、
  • Neuroxの静脈内および筋肉内投与のためのソリューション、
  • メキシプリドール注射と錠剤、
  • 静脈内および筋肉内投与用の溶液およびメキシコカプセル。

子供へのメキシドールの処方

小児および青年の場合、コハク酸エチルメチルヒドロキシピリジンの子供の体への影響に関する十分な知識がないため、この薬は処方されていません。

メキシドールとアルコール

メキシドールは強力な抗酸化作用を持つ薬剤です。このため、手術、精神医学、神経学など、さまざまな医療分野で広く使用されています。

「メキシドール医学とは何ですか?」という質問に対して、経験豊富な専門家は、後者が神経学的および心理学的領域の機能を効果的に回復し、さらに肝細胞の機能活性を更新および維持するのに役立つと答えます。

薬物には肝保護作用と向知性作用があるため、メキシドールの処方はアルコール離脱症候群を治療する最も一般的な方法の1つであり、エチルアルコールによる身体の中毒を背景に発症します。

メキシドールとアルコールは互換性があると考えられています。一部の人は、薬物が後者の効果を部分的に中和さえすると信じる傾向があります。しかし、脳と肝臓の組織を貫通する活性物質メキシドールは、中毒の既存の症状を除去し、病理を除去するだけで、細胞を保護しないため、この意見は誤りです。

つまり、薬物はアルコール摂取の望ましくない症状の発生を防止せず、その結果を排除するだけです:

  • 頭痛を軽減
  • 中毒症状の重症度を軽減し、
  • アルコールに含まれる有毒物質やフーゼル油の残留物を肝臓から除去するプロセスを加速します。

しかし、メキシドールは、同じ量のアルコールを飲み続けた場合、肝硬変や不可逆的な精神障害から保護することはできません。

妊娠中および授乳中のメキシドール

妊娠と授乳は、メキシドールの任命に対する禁忌です。これは、妊娠中および授乳中の女性に対する薬物の効果の厳密に管理された研究が行われていないという事実によるものです。

メキシドールに関するレビュー

Mexidolについての医師のレビューは、この薬がロシアの医薬品市場で最も成功した製品の1つであることを示しています。

この薬は、脳の急性および慢性循環障害の症状の重症度を軽減する効果的なツールとしての地位を確立しています。

このツールは、離脱状況にも役立ちます。ほとんどすべての患者が、嗜癖に対する渇望の減少を報告しています。さらに、彼らは不安を大幅に減らし、一般的に生活の質を改善します。

フォーラムで見つけることができる錠剤と注射剤のメキシドールのレビューは、この薬がVVDで観察される不快な症状を排除するのに役立つことも確認しています-VVD-地球の成人人口のほぼ3分の1がある程度苦しんでいる病気

子供がメキシドールを処方されていないという事実にもかかわらず、多くの医師は、薬物の注射が頭部外傷後の子供の状態を迅速に安定させ、酸素欠乏によって引き起こされる症状を緩和できることに注意しています。

メキシドールは、低酸素症の兆候で生まれた子供にも効果的です。新生児の状態の改善と脳の栄養の正常化は、薬物の投与後1〜2時間以内に観察されます。

VVDの開発、および他のほとんどの病状の開発は、主にフリーラジカル酸化プロセスに関連しています。メキシドールは抗酸化物質であり、これらのフリーラジカルプロセスを効果的に抑制します。

薬物は細胞の生体膜を安定化し、ミトコンドリアのエネルギー合成機能を活性化し、受容体複合体の機能を調節し、イオン電流の通過プロセスを調節し、内因性物質の結合を強化し、シナプス伝達と脳構造間の関係を改善します。

しかし、メキシドールに関する肯定的なレビューに加えて、薬物に満足していない人々の意見も見つけることができます。

注射に関する否定的なレビューは、主に薬が眠気、吐き気、頭痛などの副作用を引き起こす場合があるという事実に関連しています。そのような現象の説明は、薬物の成分のいずれかに対する患者の個々の感受性であり得る。

価格メキシドール

薬はいくらですか?

ウクライナのメキシドール錠の価格は110から148 UAHまでさまざまです。あなたはモスクワでメキシドールを平均30個のパックあたり190-200ルーブルで購入することができます、メキシドール錠剤のコストは125mg、No.50-340-380ルーブルです。

アンプルの価格はいくらですか?

ロシア市場では、2 mlのMexidolアンプルの価格は平均で375から480ルーブル(10アンプル)です。 5 mlのアンプルは、355〜1565ルーブルの価格で購入できます(パッケージ内のアンプルの数によって異なります)。

ウクライナでのIV Mexidol注射の価格は、2 mlのアンプル10個あたり250-315 UAH、5 mlのアンプル5個あたり250-305 UAHです。

  • ロシアのオンライン薬局
  • ウクライナのオンライン薬局ウクライナ
  • カザフスタンのオンライン薬局

  • メキシドール溶液50 mg / ml 2 ml 10個
  • Mexidol錠125 mg 30個World Pharm
  • Mexidol Dent Activ歯磨き粉65 g
  • メキシドールデント歯磨き粉フィト65 g
  • Mexidol Dent Toothpaste Sensitive 65 g
薬局36.6
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 5ml N5VECTORFARM
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 2ml N10VECTORFARM
  • メキシドールデント歯磨き粉複雑な65g
  • メキシドールデント歯磨き粉複雑な100g
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 2ml N10VECTORFARM
  • Mexidol 5%5ml 5番アンプルEllara MC
  • Mexidol 125mg No. 50錠ZiO Health
  • Mexidol 5%5ml No. 20アンプルEllara MC
  • Mexidol 5%2ml No. 50アンプルEllara MC
  • Mexidol 5%2ml 10番アンプルEllara MC
薬局IFK
  • MexidolZiO-Zdorovye ZAO、ロシア
  • MexidolEllara MC LLC、ロシア
  • Mexidol Dent Dental Toothpaste Farmasoft Trading Co. LLC、ロシア
  • MexidolZiO-Zdorovye ZAO、ロシア
  • Mexidol-vetFarmasoft Torg。Komp。 LLC、ロシア
もっと見る
パニ薬局
  • in.v / in.v / m amp。Ellara MC LLC(ロシア)のMexidol 50 mg / ml 5ml No. 5ソリューション
  • Mexidol 125 mg No. 50 tab.po.Health firm ZiO ZAO(ロシア)
  • in.v / in.v / m amp。Armavir生物学的工場(ロシア)のためのMexidol 50 mg / ml 5ml 5番溶液
  • in.v / in.v / m amp。Armavir生物学的工場(ロシア)のためのMexidol 50 mg / ml 2ml No. 10ソリューション
  • in.amp。Ellara MC LLC(ロシア)用のMexidol 5%/ 2 ml No. 10ソリューション
もっと見る

注意してください!サイト上の医薬品に関する情報は、参照元の一般化であり、公的な情報源から収集されたものであり、治療中の医薬品の使用を決定するための基礎としては使用できません。薬物メキシドールを使用する前に、必ず医師に相談してください。

Mexidol®は/ mまたは/ in(ジェットまたはドリップ)で投与されます。輸液用の溶液を調製するには、薬物を0.9%塩化ナトリウム溶液で希釈する必要があります。

JetnoMexidol®は、5〜7分間ゆっくりと投与され、40〜60滴/分の速度で滴下します。 1日の最大用量は1200 mgを超えてはなりません。

急性脳血管障害では、Mexidol®は最初の10〜14日間静脈内に200〜500mgの点滴を1日2〜4回、その後/ m 200〜250mgを2〜3回/日で2週間使用します。

外傷性脳損傷および外傷性脳損傷の結果の場合、Mexidol®は1日2〜4回、200〜500 mgの点滴で10〜15日間使用されます。

代償不全期の循環障害性脳症の場合、Mexidol®は14日間、200-500mgの1日1〜2回のドロップまたはドロップ用量で静脈内投与され、その後、次の2週間はin / m 100-250mg /日で使用されます。

循環性脳症の予防のために、Mexidol®は、10〜14日間、1日2回、200〜250mgの用量でIM投与されます。

高齢患者および不安障害の軽度の認知機能障害の場合、Mexidol®は、100〜300 mg /日の用量で14〜30日間IM投与されます。

複雑な治療の一環としての急性心筋梗塞では、硝酸塩、ベータ遮断薬、ACE阻害薬、血栓溶解薬、抗凝固薬、抗血小板薬などの従来の心筋梗塞治療を背景に、Mexidol®が14日間静脈内または筋肉内投与されます。指示に従った手段。

最初の5日間は、最大の効果を得るために、次の9日間に/で薬剤を投与することをお勧めします。Mexidol®は/ mで投与できます

薬剤の導入/注入では、100%から150mlの容量の塩化ナトリウムの0.9%溶液またはデキストロース(グルコース)の5%溶液を30分間から90分間ゆっくりと(副作用を避けるために)点滴注入します。必要に応じて、少なくとも5分間続く薬物のゆっくりとしたジェット注入が可能です。

薬物の導入(in / inまたは/ m)は8時間ごとに1日3回行われ、1日の治療用量は6〜9 mg / kg体重/日、1回の投与は2〜3 mg / kg体重です。 1日の最大投与量は800 mgを超えてはならず、1回で250 mgです。

複雑な治療の一環として、さまざまな段階の開放隅角緑内障で、Mexidol®は14日間IM 100-300 mg /日1〜3回/日投与されます。

アルコール離脱症候群の場合、Mexidol®は200〜500mgの静脈内投与/ドロップまたはIMで2〜3回/日、5〜7日間投与されます。

抗精神病薬による急性中毒では、Mexidol®は7〜14日間200〜500mg /日の用量で静脈内投与されます。

腹腔の急性化膿性炎症プロセス(急性壊死性膵炎、腹膜炎)では、Mexidol®は術前と術後の両方の最初の日に処方されます。投与量は、疾患の形態と重症度、プロセスの有病率、および臨床経過のオプションによって異なります。安定した肯定的な臨床的および実験的効果の後にのみ、薬物の中止を徐々に行う必要があります。

急性浮腫性(間質性)膵炎では、Mexidol®は1日3回200-500 mgを点滴(等張性塩化ナトリウム溶液)および/ mで処方されます。

軽度の壊死性膵炎の場合、Mexidol®は、100〜200mgを1日3回、1日3回、1滴ずつ(等張性塩化ナトリウム溶液中)および/ mで処方されます。

中程度の壊死性膵炎の場合-200 mg 3回/日/点滴(等張性塩化ナトリウム溶液中)。

重度の壊死性膵炎の場合-最初の日に800 mgのパルスを投与し、投与計画を2倍にした後、-200〜500 mgを1日2回、1日あたりの投与量を徐々に減らします。

壊死性膵炎の非常に重篤な形態では、初期の用量は、膵原性ショックの症状が持続的に緩和されるまで800 mg /日であり、状態を安定させるために、300-500 mgを1日2回/点滴(0.9%塩化ナトリウム溶液中)で1日量を徐々に減らします。

メキシドール注射:使用説明書

メキシドール注射液は、抗酸化薬の薬理学グループに属します。これは、内臓だけでなく、神経、心血管系の臓器のさまざまな病理学に使用されます。

リリース形態と構成

薬剤メキシドールは、剤形の非経口溶液で入手できます。透明、無色、淡黄色の染色が許可されています。薬の主な有効成分はエチルメチルヒドロキシピリジンコハク酸塩であり、溶液1ml中の含有量は50mgです。賦形剤として、薬物にはメタ重亜硫酸ナトリウムと注射用水が含まれています。

Mexidolの非経口投与用の溶液は、2および5 mlの透明なガラス製アンプルに含まれています。彼らは5個のブリスターにパッケージされています。段ボールパックには、1、2、4、10、または20個のブリスターパックと薬剤の使用説明書が含まれています。

薬理作用

非経口投与用溶液の有効成分メキシドールには、次のようないくつかの生物学的効果があります。

  • 抗低酸素効果-酸素供給が不十分な状態で体細胞の安定性を向上させます。
  • 膜保護作用は、さまざまな因子、内因性毒素(さまざまな病理学的プロセス中に体内で形成される)、フリーラジカル、不対電子を含む有機分子の断片(主に脂肪酸)の有害な影響から細胞膜を保護し、高い化学活性を持っています。
  • 向知性効果-酸素供給が不十分な状態でのさまざまな要因の有害な影響からの神経細胞(神経系の細胞)の保護。
  • 抗けいれん効果-神経系のさまざまな構造の運動ニューロンにおける病理学的インパルスの増加を低減します。
  • 不安緩解効果-大脳皮質の機能的活動を改善し、恐怖感や不安感を軽減します。

これらの生物学的効果により、メキシドールの非経口投与用溶液は、神経系の細胞の代謝を改善し、血液のレオロジー特性を改善し、それにより、その粘度を低下させ、微小血管の血管内の循環を増加させ、血小板凝集(接着)を低減し、心筋の代謝プロセスを正常化します(心筋)その虚血(酸素と栄養素の不十分な摂取)の状態で、膵炎(炎症の炎症)の開発と酵素中毒を減らします膵臓)。薬物の活性物質のそのような生物学的効果は、エチルメチルヒドロキシピリジンスクシネートがスーパーオキシドジスムターゼ酵素の活性を増加させるという事実により実現され、これはフリーラジカルの中和と細胞膜の脂質過酸化プロセスの減少の原因となります。また、薬物は細胞膜のタンパク質と脂質の比率を変化させ、それにより、それらの延性と流動性を改善します。それは、神経系の細胞の細胞膜および受容体複合体の状態に関与する多くの酵素を調節し、それによってシナプスでの神経信号の伝達を改善します。 Mexidolの非経口投与のソリューションは、さまざまなストレス要因にさらされた場合の人体の適応能力を向上させます。

メキシドール溶液の静脈内または筋肉内注射後、活性物質は急速に血漿中に蓄積し、すべての身体組織に均等に分布します。グルクロン酸に関連した不活性な分解生成物の形成により、肝臓で代謝されます。彼らは尿中に排泄されます。活性物質の一部はそのまま排泄されます。

使用の適応

Mexidolの非経口投与のためのソリューションの使用は、さまざまな臓器やシステムの病的状態のために示されています:

  • 神経細胞への酸素と栄養素の供給の急激な減少を伴う脳の急性循環障害。
  • 過去の頭蓋脳外傷、およびその結果の複雑な治療。
  • 循環障害性脳症は、脳組織に栄養を与える血管の機能的活動の障害に関連する病的状態です。
  • 自律神経失調症は、神経系の自律神経部分の病理であり、全身血圧の変動による動脈血管の神経支配の違反を伴う。
  • 不安と恐怖の感覚を伴う神経障害を伴う神経症様症状。
  • 離脱症状とアルコールまたは薬物中毒の併用療法。
  • 脳血管のアテローム硬化性変化、コレステロールプラークの形成、不十分な血流と脳皮質細胞の栄養、ならびに認知機能障害。
  • 心筋梗塞(栄養の急激な違反による心筋の一部の死)-複雑な治療での使用は、初日から行われます。
  • 眼圧の増加と網膜神経細胞の栄養不足(網膜ジストロフィー)を特徴とする開放隅角緑内障の併用療法。
  • 腹腔内の化膿性炎症プロセス、腹膜の病変(腹腔とその臓器の壁を覆う結合組織膜)、および膵臓の急性炎症を伴う。

また、メキシドールの非経口投与のためのソリューションは、抗精神病薬による中毒に使用されます。

禁忌

メキシドールの非経口投与のための溶液の使用は、以下を含む身体の特定の病的状態では禁忌です:

  • 肝臓障害。
  • 腎不全。
  • 薬物の成分に対する個々の不耐性または過敏症。

Mexidol Injectionの使用を開始する前に、Mexidol Injectionの使用に禁忌がないことを確認することが重要です。

投与量と投与

非経口投与用のソリューションMexidolは医療施設で使用されています。筋肉内または静脈内に投与され、感染を防ぐために無菌および消毒薬の規則に従っています。静脈内投与では、薬をジェットで5〜7分間ゆっくりと注入するか、静脈内に点滴します。事前に生理食塩水に溶解します。薬の1日量は1200 mgを超えてはなりません。 Mexidol注射液の投与量とレジメンは、病理学的プロセスに依存します。

  • 脳の急性循環障害(虚血性または出血性脳卒中)-最初の10〜14日間は1日2〜4回、200〜500mgを静脈内投与し、その後は別の2については1日2〜3回200〜250mg週。
  • 代償不全の段階の循環障害性脳症-200-500 mgを静脈内または1日1〜2回、14日間、さらに2週間、さらに2週間、さらに2週間100-250 mgで筋肉内投与します。循環性脳症の経過を予防するために、薬物は10〜15日間、1日2回200〜250mgで筋肉内投与されます。
  • 頭蓋脳損傷およびその結果の複雑な治療-10〜15日間、1日2〜4回200〜500mgを点滴する。
  • 高齢者の認知機能障害、ならびに不安感の発達-10〜30日間、1日1回100〜300mgで筋肉内投与。
  • 心筋梗塞-非経口投与のためのソリューションMexidolは、他の薬理学的グループの薬剤と組み合わせて併用療法で使用されます。心筋梗塞後の最初の5日間は、静脈内投与が推奨され、その後9日間筋肉内投与が推奨されます。平均用量は8時間ごとに250 mgです(1回の注射で患者の体重1 kgあたり2〜3 mgに基づいて計算されます)。 1日の投与量は800 mgを超えないようにしてください。
  • 慢性アルコール中毒の禁酒症候群-点滴または200〜500 mgの筋肉内注射を1日2〜3回、5〜7日間行う。
  • 開放隅角緑内障-筋肉内、1日1〜3回、100〜300mgを14日間。
  • 抗精神病薬による中毒-静脈内点滴またはジェット200〜250 mgを1日あたり14日間。

急性化膿性炎症性病変(腹膜炎、浮腫、壊死性膵炎)の治療では、メキシドール溶液の投与量と投与方法はプロセスの重症度によって決まります。手術前および術後の持続的な臨床的改善が現れるまで使用されます。この場合、薬物は徐々にキャンセルされ、投与された用量の一定の緩やかな減少が実行されます。

副作用

一般に、メキシドールの非経口投与の解決策は忍容性が高いです。吐き気や口腔粘膜の乾燥を発症することもあります。また、皮膚の発疹、かゆみ、tic麻疹(イラクサのやけどに似た特徴的な発疹)の出現を含むアレルギー反応の発生も考えられます。高治療用量で薬物を使用すると、眠気が発生する場合があります。重度の副作用は、薬物中止の基礎です。

特別な指示

非経口投与用の溶液を使用する前に、メキシドールは薬剤の説明書を注意深く読む必要があります。使用に関して、対処する必要がある特定の指示がいくつかあります。これらには以下が含まれます。

  • 亜硫酸塩に対する過敏症、および付随する気管支喘息の場合、薬物の投与後、重度のアレルギー反応、すなわちQuinckeの血管浮腫(顔面および外性器の組織の重度の腫れ)またはアナフィラキシーショック(全身血圧の著しい反応性低下)を発症する可能性があります。
  • 子供、妊娠中および授乳中の女性に対する薬物の安全性に関する信頼できるデータはないため、そのような場合の使用は推奨されません。時には、子供または妊娠中の女性の推定用量が副作用を引き起こす潜在的なリスクを超えるかどうかは担当医によって決定されます。
  • Mexidolの非経口投与のためのソリューションは、肝臓または腎臓の付随する機能不全では使用できません。
  • この薬は、ベンゾジアゼピン、抗けいれん薬(カルバマゼピン)および抗パーキンソン病(レボドパ)薬の効果を高めます。
  • 薬物使用の背景に対して眠気が発生する可能性があるため、注意の集中と精神運動反応の速度を必要とする作業を行うことは推奨されません。

薬局ネットワークでは、非経口投与のソリューションは処方箋のみで調剤されます。適切な医師の処方箋なしでは、その独立した使用は除外されます。

過剰摂取

指示は、推奨用量を超えた場合、メキシドールなどの薬が眠気の発生を引き起こす可能性があることを警告しています。

相互作用

この薬は、体性疾患の治療に使用されるすべての薬と互換性があります。

ベンゾジアゼピン誘導体と併用すると、抗うつ薬、抗精神病薬、精神安定剤、抗けいれん薬(例:カルバマゼピン)および抗パーキンソン病薬(レボドパ)が身体への効果を高めます。

これにより、後者の投与量を大幅に削減できるだけでなく、開発の可能性と望ましくない副作用の重症度を減らすことができます(Mexidolは特定のカテゴリーの患者に処方されます)。

この薬はエタノールの毒性作用の重症度を軽減します。

メキシドールとピラセタム:互換性

有効成分としてのピラセタムは、脳の認知(認知)プロセスを改善するために使用される薬物Nootropilの一部です。

NootropilとMexidolを組み合わせて使用​​すると、子供の精神的能力の改善、虚血性脳卒中またはcom睡後の患者の回復、慢性アルコール依存症、精神器質症候群の治療(記憶力低下、気分不安定、行動障害のある高齢患者を含む)でより良い結果を達成できますなど。

ただし、抗知性薬(特にNootropil)とは対照的に、メキシドールは体に活性化効果がなく、睡眠障害を引き起こさず、けいれん活動を増加させないことに注意する必要があります。

その治療効果において、それはピラセタムよりも著しく優れています。

MexidolとActoveginの互換性

MexidolとActoveginには同様の作用メカニズムがあるため、多くの場合、互いに組み合わせて処方されます。しかし、アクトベジンは子牛の血液から作られているため、メキシドールよりもある程度頻繁に特定の副作用を引き起こします。

分子レベルでのアクトベジンは、酸素とグルコースの利用プロセスを加速し、それにより低酸素に対する身体の抵抗力を高め、エネルギー代謝の増加に貢献します。

強力な抗低酸素剤であるアクトベジンは、糖尿病、外傷性脳損傷、脳卒中後、硬化症、脳機能不全、末梢および静脈循環障害などに処方されています。

CavintonとMexidolの互換性

キャビントンの有効成分として、ビンポセチンが使用されます。ビンポセチンは、多年生植物の小さなツルニチニチソウのアルカロイドであるビンカミンから合成されます。この物質には、血管を拡張する能力、脳内の血液循環を改善する能力、顕著な抗凝集および抗低酸素効果があります。

さらに、ビンポセチンは脳組織で発生する代謝プロセスに影響を与え、血小板凝集(または言い換えれば癒着)を減少させ、それによりそのレオロジー特性を改善します。

販売条件

薬は処方のカテゴリーに属します。

保管条件

メキシドールは乾燥した暗い場所に保管し、子供の手の届かない場所に25°C以下の温度で保管してください。

有効期限

Mexidolの錠剤と溶液は3年間の使用に適しています。パッケージに記載されている期間が終了すると、それらを使用することは禁止されます。

特別な指示

筋肉内および静脈内投与のためのソリューション

亜硫酸塩に対する感受性が増加したアレルギー反応の素因を持つ患者、および気管支喘息の患者では、治療中に重度の過敏症反応が発現する場合があります。

メキシドール錠

Mexidol錠剤による治療の過程で、健康と生命へのリスクを伴う作業を運転および実行する場合、特別な注意を払う必要があります。これは、薬物が精神運動反応の速度を低下させ、集中力を低下させる能力を持っているという事実によるものです。

Mexidolのアナログ

多くの患者にとって、「医師によって処方された薬をどのように置き換えることができ、安価な類似物はありますか?」という疑問がしばしば生じます。

タブレットのMexidolアナログ:

  • 低酸素錠剤とカプセル、
  • Mexi B6フィルムコーティング錠
  • 経口投与記念のためのホメオパシードロップ、
  • Nucleo CMF Forteカプセル、
  • セレノノルム錠、
  • サイトフラビンの腸溶性錠剤、
  • グリシン錠
  • ポリニューリンのフィルムコーティング錠。

アンプル中の薬物の類似体は次のとおりです。

  • Vitagammaの筋肉内投与のためのソリューション、
  • 低酸素静脈内溶液、
  • コンビリペンの筋肉内投与のためのソリューション、
  • Compligam Bの筋肉内投与のためのソリューション、
  • コルテキシン注射用溶液の凍結乾燥物、
  • 胎盤組成物の筋肉内投与のためのホメオパシー溶液、
  • Trigammaの筋肉内投与のためのソリューション、
  • サイトフラビンの静脈内投与のための溶液、
  • Emoxibel輸液ソリューション
  • エトキシドールの静脈内および筋肉内投与のための溶液。

かなり頻繁に、患者は質問を持っています:彼によって処方された薬物の類似体のどれがより良く、より安く、副作用がより少ないなどです。したがって、このトピックを詳細に検討する価値があります。

どちらが良いですか:ActoveginとMexidolのどちらですか?

薬物は、医学の同様の分野で使用されています。このため、より顕著な臨床効果を達成するために、患者はそれらを組み合わせて処方されます。

MexidolとActoveginを同じシリンジで混合することはお勧めしません。それらの有効成分が相互作用し、互いの構造を破壊し、有害反応の可能性を高める可能性があるためです。

キャビントンとメキシドールのどちらが良いですか?

CavintonとMexidolは両方とも補完的な薬物であるため、脳の循環障害の影響を排除するために複合体で処方されることがよくあります。

主な要件は、1つのスポイトまたは同じシリンジで薬物を混合しないことです。

メキシドールとメキシコールのどちらが良いですか?

メキシコ人はメキシドールの総称(同義語)です。したがって、この薬はメキシドールと同じ医学分野で使用されています。ゼラチンカプセル、錠剤、注射剤の形で入手できます。

メキシコ人は効果的に不安を和らげ、恐怖を和らげ、気分を改善し、記憶力、注意力を改善し、作業能力と学習能力を高め、アルコール中毒の症状を取り除き、脳卒中の病理学的影響を軽減します。

薬物は代謝性心臓保護剤のグループに属します。その作用のメカニズムは、コハク酸塩の抗低酸素剤と抗酸化剤エモキシピンの組成の合併によるものであり、これは幅広い作用スペクトルによって特徴付けられます。

他の治療法と組み合わせて、メキシコは心筋虚血および虚血性脳卒中の治療に適応されています。また、軽度および中程度の認知障害の治療に処方すること、および循環性脳症の症状の重症度を軽減することも推奨されます。

メキシプリムとメキシドール-どちらが良いですか?

メキシプリムは、メキシドールのドイツの類似物です。その製造業者は、STADA Arzneimittel AGの懸念事項です。薬物間の主な違いは、錠剤のコアとシェルの補助成分の組成です。作用のメカニズムと使用の適応は似ています。

メキシドールまたはミルドロネート-どちらが良いですか?

Mildronateは、組織の代謝とエネルギー供給を改善する薬のグループに属します。ゼラチンカプセル、注射、シロップの形で経口投与できます。

薬の有効成分はメルドニウム(トリメチルヒドラジニウムプロピオネート)で、その構造はガンマブチロベタイン(生体のすべての細胞に存在する物質)に似ています。

Mildronateは血管拡張薬として使用されます。さらに、この薬は臓器や組織への酸素の供給を改善し、液性および組織の免疫力を高め、血圧を低下させます。

メキシドールとミルドロネートは、以下の患者の治療のための併用療法の一部として処方されます:

  • アルコール離脱症候群の結果、
  • 脳の循環障害、
  • 冠動脈疾患。

  • メドメキシの静脈内および筋肉内投与用のフィルムコーティング錠および溶液、
  • 静脈内および筋肉内投与のためのソリューションMexidant、
  • メキシプリムの静脈内および筋肉内投与用のフィルムコーティング錠および溶液、
  • 注射と錠剤メキシフィナム、
  • Neuroxの静脈内および筋肉内投与のためのソリューション、
  • メキシプリドール注射と錠剤、
  • 静脈内および筋肉内投与用の溶液およびメキシコカプセル。

子供へのメキシドールの処方

小児および青年の場合、コハク酸エチルメチルヒドロキシピリジンの子供の体への影響に関する十分な知識がないため、この薬は処方されていません。

メキシドールとアルコール

メキシドールは強力な抗酸化作用を持つ薬剤です。このため、手術、精神医学、神経学など、さまざまな医療分野で広く使用されています。

「メキシドール医学とは何ですか?」という質問に対して、経験豊富な専門家は、後者が神経学的および心理学的領域の機能を効果的に回復し、さらに肝細胞の機能活性を更新および維持するのに役立つと答えます。

薬物には肝保護作用と向知性作用があるため、メキシドールの処方はアルコール離脱症候群を治療する最も一般的な方法の1つであり、エチルアルコールによる身体の中毒を背景に発症します。

メキシドールとアルコールは互換性があると考えられています。一部の人は、薬物が後者の効果を部分的に中和さえすると信じる傾向があります。しかし、脳と肝臓の組織を貫通する活性物質メキシドールは、中毒の既存の症状を除去し、病理を除去するだけで、細胞を保護しないため、この意見は誤りです。

つまり、薬物はアルコール摂取の望ましくない症状の発生を防止せず、その結果を排除するだけです:

  • 頭痛を軽減
  • 中毒症状の重症度を軽減し、
  • アルコールに含まれる有毒物質やフーゼル油の残留物を肝臓から除去するプロセスを加速します。

しかし、メキシドールは、同じ量のアルコールを飲み続けた場合、肝硬変や不可逆的な精神障害から保護することはできません。

妊娠中および授乳中のメキシドール

妊娠と授乳は、メキシドールの任命に対する禁忌です。これは、妊娠中および授乳中の女性に対する薬物の効果の厳密に管理された研究が行われていないという事実によるものです。

メキシドールに関するレビュー

Mexidolについての医師のレビューは、この薬がロシアの医薬品市場で最も成功した製品の1つであることを示しています。

この薬は、脳の急性および慢性循環障害の症状の重症度を軽減する効果的なツールとしての地位を確立しています。

このツールは、離脱状況にも役立ちます。ほとんどすべての患者が、嗜癖に対する渇望の減少を報告しています。さらに、彼らは不安を大幅に減らし、一般的に生活の質を改善します。

フォーラムで見つけることができる錠剤と注射剤のメキシドールのレビューは、この薬がVVDで観察される不快な症状を排除するのに役立つことも確認しています-VVD-地球の成人人口のほぼ3分の1がある程度苦しんでいる病気

子供がメキシドールを処方されていないという事実にもかかわらず、多くの医師は、薬物の注射が頭部外傷後の子供の状態を迅速に安定させ、酸素欠乏によって引き起こされる症状を緩和できることに注意しています。

メキシドールは、低酸素症の兆候で生まれた子供にも効果的です。新生児の状態の改善と脳の栄養の正常化は、薬物の投与後1〜2時間以内に観察されます。

VVDの開発、および他のほとんどの病状の開発は、主にフリーラジカル酸化プロセスに関連しています。メキシドールは抗酸化物質であり、これらのフリーラジカルプロセスを効果的に抑制します。

薬物は細胞の生体膜を安定化し、ミトコンドリアのエネルギー合成機能を活性化し、受容体複合体の機能を調節し、イオン電流の通過プロセスを調節し、内因性物質の結合を強化し、シナプス伝達と脳構造間の関係を改善します。

しかし、メキシドールに関する肯定的なレビューに加えて、薬物に満足していない人々の意見も見つけることができます。

注射に関する否定的なレビューは、主に薬が眠気、吐き気、頭痛などの副作用を引き起こす場合があるという事実に関連しています。そのような現象の説明は、薬物の成分のいずれかに対する患者の個々の感受性であり得る。

価格メキシドール

薬はいくらですか?

ウクライナのメキシドール錠の価格は110から148 UAHまでさまざまです。あなたはモスクワでメキシドールを平均30個のパックあたり190-200ルーブルで購入することができます、メキシドール錠剤のコストは125mg、No.50-340-380ルーブルです。

アンプルの価格はいくらですか?

ロシア市場では、2 mlのMexidolアンプルの価格は平均で375から480ルーブル(10アンプル)です。 5 mlのアンプルは、355〜1565ルーブルの価格で購入できます(パッケージ内のアンプルの数によって異なります)。

ウクライナでのIV Mexidol注射の価格は、2 mlのアンプル10個あたり250-315 UAH、5 mlのアンプル5個あたり250-305 UAHです。

  • ロシアのオンライン薬局
  • ウクライナのオンライン薬局ウクライナ
  • カザフスタンのオンライン薬局

  • メキシドール溶液50 mg / ml 2 ml 10個
  • Mexidol錠125 mg 30個World Pharm
  • Mexidol Dent Activ歯磨き粉65 g
  • メキシドールデント歯磨き粉フィト65 g
  • Mexidol Dent Toothpaste Sensitive 65 g
薬局36.6
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 5ml N5VECTORFARM
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 2ml N10VECTORFARM
  • メキシドールデント歯磨き粉複雑な65g
  • メキシドールデント歯磨き粉複雑な100g
  • Mexidolソリューションd / in。 50 mg / mlアンプ。 2ml N10VECTORFARM
  • Mexidol 5%5ml 5番アンプルEllara MC
  • Mexidol 125mg No. 50錠ZiO Health
  • Mexidol 5%5ml No. 20アンプルEllara MC
  • Mexidol 5%2ml No. 50アンプルEllara MC
  • Mexidol 5%2ml 10番アンプルEllara MC
薬局IFK
  • MexidolZiO-Zdorovye ZAO、ロシア
  • MexidolEllara MC LLC、ロシア
  • Mexidol Dent Dental Toothpaste Farmasoft Trading Co. LLC、ロシア
  • MexidolZiO-Zdorovye ZAO、ロシア
  • Mexidol-vetFarmasoft Torg。Komp。 LLC、ロシア
もっと見る
パニ薬局
  • in.v / in.v / m amp。Ellara MC LLC(ロシア)のMexidol 50 mg / ml 5ml No. 5ソリューション
  • Mexidol 125 mg No. 50 tab.po.Health firm ZiO ZAO(ロシア)
  • in.v / in.v / m amp。Armavir生物学的工場(ロシア)のためのMexidol 50 mg / ml 5ml 5番溶液
  • in.v / in.v / m amp。Armavir生物学的工場(ロシア)のためのMexidol 50 mg / ml 2ml No. 10ソリューション
  • in.amp。Ellara MC LLC(ロシア)用のMexidol 5%/ 2 ml No. 10ソリューション
もっと見る

注意してください!サイト上の医薬品に関する情報は、参照元の一般化であり、公的な情報源から収集されたものであり、治療中の医薬品の使用を決定するための基礎としては使用できません。薬物メキシドールを使用する前に、必ず医師に相談してください。

Mexidol®は/ mまたは/ in(ジェットまたはドリップ)で投与されます。輸液用の溶液を調製するには、薬物を0.9%塩化ナトリウム溶液で希釈する必要があります。

JetnoMexidol®は、5〜7分間ゆっくりと投与され、40〜60滴/分の速度で滴下します。 1日の最大用量は1200 mgを超えてはなりません。

急性脳血管障害では、Mexidol®は最初の10〜14日間静脈内に200〜500mgの点滴を1日2〜4回、その後/ m 200〜250mgを2〜3回/日で2週間使用します。

外傷性脳損傷および外傷性脳損傷の結果の場合、Mexidol®は1日2〜4回、200〜500 mgの点滴で10〜15日間使用されます。

代償不全期の循環障害性脳症の場合、Mexidol®は14日間、200-500mgの1日1〜2回のドロップまたはドロップ用量で静脈内投与され、その後、次の2週間はin / m 100-250mg /日で使用されます。

循環性脳症の予防のために、Mexidol®は、10〜14日間、1日2回、200〜250mgの用量でIM投与されます。

高齢患者および不安障害の軽度の認知機能障害の場合、Mexidol®は、100〜300 mg /日の用量で14〜30日間IM投与されます。

複雑な治療の一環としての急性心筋梗塞では、硝酸塩、ベータ遮断薬、ACE阻害薬、血栓溶解薬、抗凝固薬、抗血小板薬などの従来の心筋梗塞治療を背景に、Mexidol®が14日間静脈内または筋肉内投与されます。指示に従った手段。

最初の5日間は、最大の効果を得るために、次の9日間に/で薬剤を投与することをお勧めします。Mexidol®は/ mで投与できます

薬剤の導入/注入では、100%から150mlの容量の塩化ナトリウムの0.9%溶液またはデキストロース(グルコース)の5%溶液を30分間から90分間ゆっくりと(副作用を避けるために)点滴注入します。必要に応じて、少なくとも5分間続く薬物のゆっくりとしたジェット注入が可能です。

薬物の導入(in / inまたは/ m)は8時間ごとに1日3回行われ、1日の治療用量は6〜9 mg / kg体重/日、1回の投与は2〜3 mg / kg体重です。 1日の最大投与量は800 mgを超えてはならず、1回で250 mgです。

複雑な治療の一環として、さまざまな段階の開放隅角緑内障で、Mexidol®は14日間IM 100-300 mg /日1〜3回/日投与されます。

アルコール離脱症候群の場合、Mexidol®は200〜500mgの静脈内投与/ドロップまたはIMで2〜3回/日、5〜7日間投与されます。

抗精神病薬による急性中毒では、Mexidol®は7〜14日間200〜500mg /日の用量で静脈内投与されます。

腹腔の急性化膿性炎症プロセス(急性壊死性膵炎、腹膜炎)では、Mexidol®は術前と術後の両方の最初の日に処方されます。投与量は、疾患の形態と重症度、プロセスの有病率、および臨床経過のオプションによって異なります。安定した肯定的な臨床的および実験的効果の後にのみ、薬物の中止を徐々に行う必要があります。

急性浮腫性(間質性)膵炎では、Mexidol®は1日3回200-500 mgを点滴(等張性塩化ナトリウム溶液)および/ mで処方されます。

軽度の壊死性膵炎の場合、Mexidol®は、100〜200mgを1日3回、1日3回、1滴ずつ(等張性塩化ナトリウム溶液中)および/ mで処方されます。

中程度の壊死性膵炎の場合-200 mg 3回/日/点滴(等張性塩化ナトリウム溶液中)。

重度の壊死性膵炎の場合-最初の日に800 mgのパルスを投与し、投与計画を2倍にした後、-200〜500 mgを1日2回、1日あたりの投与量を徐々に減らします。

壊死性膵炎の非常に重篤な形態では、初期の用量は、膵原性ショックの症状が持続的に緩和されるまで800 mg /日であり、状態を安定させるために、300-500 mgを1日2回/点滴(0.9%塩化ナトリウム溶液中)で1日量を徐々に減らします。

メキシドール注射:使用説明書

メキシドール注射液は、抗酸化薬の薬理学グループに属します。これは、内臓だけでなく、神経、心血管系の臓器のさまざまな病理学に使用されます。

リリース形態と構成

薬剤メキシドールは、剤形の非経口溶液で入手できます。透明、無色、淡黄色の染色が許可されています。薬の主な有効成分はエチルメチルヒドロキシピリジンコハク酸塩であり、溶液1ml中の含有量は50mgです。賦形剤として、薬物にはメタ重亜硫酸ナトリウムと注射用水が含まれています。

Mexidolの非経口投与用の溶液は、2および5 mlの透明なガラス製アンプルに含まれています。彼らは5個のブリスターにパッケージされています。段ボールパックには、1、2、4、10、または20個のブリスターパックと薬剤の使用説明書が含まれています。

薬理作用

非経口投与用溶液の有効成分メキシドールには、次のようないくつかの生物学的効果があります。

  • 抗低酸素効果-酸素供給が不十分な状態で体細胞の安定性を向上させます。
  • 膜保護作用は、さまざまな因子、内因性毒素(さまざまな病理学的プロセス中に体内で形成される)、フリーラジカル、不対電子を含む有機分子の断片(主に脂肪酸)の有害な影響から細胞膜を保護し、高い化学活性を持っています。
  • 向知性効果-酸素供給が不十分な状態でのさまざまな要因の有害な影響からの神経細胞(神経系の細胞)の保護。
  • 抗けいれん効果-神経系のさまざまな構造の運動ニューロンにおける病理学的インパルスの増加を低減します。
  • 不安緩解効果-大脳皮質の機能的活動を改善し、恐怖感や不安感を軽減します。

これらの生物学的効果により、メキシドールの非経口投与用溶液は、神経系の細胞の代謝を改善し、血液のレオロジー特性を改善し、それにより、その粘度を低下させ、微小血管の血管内の循環を増加させ、血小板凝集(接着)を低減し、心筋の代謝プロセスを正常化します(心筋)その虚血(酸素と栄養素の不十分な摂取)の状態で、膵炎(炎症の炎症)の開発と酵素中毒を減らします膵臓)。薬物の活性物質のそのような生物学的効果は、エチルメチルヒドロキシピリジンスクシネートがスーパーオキシドジスムターゼ酵素の活性を増加させるという事実により実現され、これはフリーラジカルの中和と細胞膜の脂質過酸化プロセスの減少の原因となります。また、薬物は細胞膜のタンパク質と脂質の比率を変化させ、それにより、それらの延性と流動性を改善します。それは、神経系の細胞の細胞膜および受容体複合体の状態に関与する多くの酵素を調節し、それによってシナプスでの神経信号の伝達を改善します。 Mexidolの非経口投与のソリューションは、さまざまなストレス要因にさらされた場合の人体の適応能力を向上させます。

メキシドール溶液の静脈内または筋肉内注射後、活性物質は急速に血漿中に蓄積し、すべての身体組織に均等に分布します。グルクロン酸に関連した不活性な分解生成物の形成により、肝臓で代謝されます。彼らは尿中に排泄されます。活性物質の一部はそのまま排泄されます。

使用の適応

Mexidolの非経口投与のためのソリューションの使用は、さまざまな臓器やシステムの病的状態のために示されています:

  • 神経細胞への酸素と栄養素の供給の急激な減少を伴う脳の急性循環障害。
  • 過去の頭蓋脳外傷、およびその結果の複雑な治療。
  • 循環障害性脳症は、脳組織に栄養を与える血管の機能的活動の障害に関連する病的状態です。
  • 自律神経失調症は、神経系の自律神経部分の病理であり、全身血圧の変動による動脈血管の神経支配の違反を伴う。
  • 不安と恐怖の感覚を伴う神経障害を伴う神経症様症状。
  • 離脱症状とアルコールまたは薬物中毒の併用療法。
  • 脳血管のアテローム硬化性変化、コレステロールプラークの形成、不十分な血流と脳皮質細胞の栄養、ならびに認知機能障害。
  • 心筋梗塞(栄養の急激な違反による心筋の一部の死)-複雑な治療での使用は、初日から行われます。
  • 眼圧の増加と網膜神経細胞の栄養不足(網膜ジストロフィー)を特徴とする開放隅角緑内障の併用療法。
  • 腹腔内の化膿性炎症プロセス、腹膜の病変(腹腔とその臓器の壁を覆う結合組織膜)、および膵臓の急性炎症を伴う。

また、メキシドールの非経口投与のためのソリューションは、抗精神病薬による中毒に使用されます。

禁忌

メキシドールの非経口投与のための溶液の使用は、以下を含む身体の特定の病的状態では禁忌です:

  • 肝臓障害。
  • 腎不全。
  • 薬物の成分に対する個々の不耐性または過敏症。

Mexidol Injectionの使用を開始する前に、Mexidol Injectionの使用に禁忌がないことを確認することが重要です。

投与量と投与

非経口投与用のソリューションMexidolは医療施設で使用されています。筋肉内または静脈内に投与され、感染を防ぐために無菌および消毒薬の規則に従っています。静脈内投与では、薬をジェットで5〜7分間ゆっくりと注入するか、静脈内に点滴します。事前に生理食塩水に溶解します。薬の1日量は1200 mgを超えてはなりません。 Mexidol注射液の投与量とレジメンは、病理学的プロセスに依存します。

  • 脳の急性循環障害(虚血性または出血性脳卒中)-最初の10〜14日間は1日2〜4回、200〜500mgを静脈内投与し、その後は別の2については1日2〜3回200〜250mg週。
  • 代償不全の段階の循環障害性脳症-200-500 mgを静脈内または1日1〜2回、14日間、さらに2週間、さらに2週間、さらに2週間100-250 mgで筋肉内投与します。循環性脳症の経過を予防するために、薬物は10〜15日間、1日2回200〜250mgで筋肉内投与されます。
  • 頭蓋脳損傷およびその結果の複雑な治療-10〜15日間、1日2〜4回200〜500mgを点滴する。
  • 高齢者の認知機能障害、ならびに不安感の発達-10〜30日間、1日1回100〜300mgで筋肉内投与。
  • 心筋梗塞-非経口投与のためのソリューションMexidolは、他の薬理学的グループの薬剤と組み合わせて併用療法で使用されます。心筋梗塞後の最初の5日間は、静脈内投与が推奨され、その後9日間筋肉内投与が推奨されます。平均用量は8時間ごとに250 mgです(1回の注射で患者の体重1 kgあたり2〜3 mgに基づいて計算されます)。 1日の投与量は800 mgを超えないようにしてください。
  • 慢性アルコール中毒の禁酒症候群-点滴または200〜500 mgの筋肉内注射を1日2〜3回、5〜7日間行う。
  • 開放隅角緑内障-筋肉内、1日1〜3回、100〜300mgを14日間。
  • 抗精神病薬による中毒-静脈内点滴またはジェット200〜250 mgを1日あたり14日間。

急性化膿性炎症性病変(腹膜炎、浮腫、壊死性膵炎)の治療では、メキシドール溶液の投与量と投与方法はプロセスの重症度によって決まります。手術前および術後の持続的な臨床的改善が現れるまで使用されます。この場合、薬物は徐々にキャンセルされ、投与された用量の一定の緩やかな減少が実行されます。

副作用

一般に、メキシドールの非経口投与の解決策は忍容性が高いです。吐き気や口腔粘膜の乾燥を発症することもあります。また、皮膚の発疹、かゆみ、tic麻疹(イラクサのやけどに似た特徴的な発疹)の出現を含むアレルギー反応の発生も考えられます。高治療用量で薬物を使用すると、眠気が発生する場合があります。重度の副作用は、薬物中止の基礎です。

特別な指示

非経口投与用の溶液を使用する前に、メキシドールは薬剤の説明書を注意深く読む必要があります。使用に関して、対処する必要がある特定の指示がいくつかあります。これらには以下が含まれます。

  • 亜硫酸塩に対する過敏症、および付随する気管支喘息の場合、薬物の投与後、重度のアレルギー反応、すなわちQuinckeの血管浮腫(顔面および外性器の組織の重度の腫れ)またはアナフィラキシーショック(全身血圧の著しい反応性低下)を発症する可能性があります。
  • 子供、妊娠中および授乳中の女性に対する薬物の安全性に関する信頼できるデータはないため、そのような場合の使用は推奨されません。時には、子供または妊娠中の女性の推定用量が副作用を引き起こす潜在的なリスクを超えるかどうかは担当医によって決定されます。
  • Mexidolの非経口投与のためのソリューションは、肝臓または腎臓の付随する機能不全では使用できません。
  • この薬は、ベンゾジアゼピン、抗けいれん薬(カルバマゼピン)および抗パーキンソン病(レボドパ)薬の効果を高めます。
  • 薬物使用の背景に対して眠気が発生する可能性があるため、注意の集中と精神運動反応の速度を必要とする作業を行うことは推奨されません。

薬局ネットワークでは、非経口投与のソリューションは処方箋のみで調剤されます。適切な医師の処方箋なしでは、その独立した使用は除外されます。

過剰摂取

メキシドール溶液の推奨治療量を大幅に超えると、顕著な眠気が発生します。この場合、投与は中止され、対症療法が実施されます。

治療期間

膵炎などの体性疾患に対するメキシドールによる標準治療の経過は、医師の裁量で2週間から6週間です。

アルコール離脱症候群に関連する状態では、治療は1週間以内です。薬は、2-3日間投与量を減らして、徐々に中止する必要があります。

冠状動脈性心臓病に罹患している患者は、メキシドールを少なくとも1.5〜2ヶ月間服用する必要があります。心血管疾患の慢性形態では、できれば春または秋にメキシドールで治療を繰り返すことが推奨されます。

薬の組成


薬の機能成分はエチルメチルヒドロキシピリジンコハク酸塩です。追加コンポーネントの中には:

  • 乳糖一水和物、
  • ステアリン酸マグネシウム。

価格とリリースフォーム

薬物は、内服用の液体または錠剤を含むアンプルの形で製造されます。アンプルの容量は2または5 mlです。それらは、段ボール箱に5個ずつパッケージされています。液体は白色またはわずかに黄色がかった色をしていることがあります。

タブレットは丸く、完全に白いか、クリーミーな色合いがあります。 1錠には125 mgが含まれています。アクティブコンポーネント。それらは、10個のブリスターまたは90個のプラスチック缶に詰められています。

50錠のパッケージの価格は391ルーブル、容量2 mlのアンプル10個です。 491ルーブル、5 mlの5アンプルがかかります。 457ルーブルの価値があります。

薬理効果

Mexidolは、血液循環を促進し、脳内の代謝プロセスを正常化するために医療現場で使用されます。薬は、次の薬理学的特性の存在によって特徴付けられます:

  • 酸化防止剤
  • 膜保護
  • 抗けいれん薬
  • 脂質低下、
  • 抗低酸素、
  • 向知性
  • 抗不安薬。

メキシドールによる治療後(静脈内、筋肉内または経口):

  • 脳のドーパミン含有量が増加します
  • 脳内の代謝プロセスのコースが正規化され、
  • 脳の血液供給が正常化し、
  • 血液微小循環が改善する
  • 血液レオロジーが向上します
  • 血小板凝集が減少する
  • 細胞ミトコンドリアによるエネルギー合成が活性化され、
  • 細胞膜が安定化され、
  • 心筋の虚血領域での代謝プロセスのコースが正規化され、
  • 壊死のゾーンの面積が減少し、
  • 虚血の影響を受ける心筋の領域で血流が増加し、
  • 溶血中に細胞後の血液構造(赤血球と血小板)の膜が安定化され、
  • 総コレステロール値が低下し、
  • LDLレベルが低下し、
  • 膵原性中毒症(一般的な血液中毒)の症状の重症度が軽減され、
  • 急性膵炎による内因性中毒症候群の重症度が低下する
  • 好気性解糖の代償活性が強化され、
  • 酸素欠乏状態では、トリカルボン酸サイクル(クレブスサイクル)の酸化プロセスの阻害の程度が低下します。
  • アデノシン三リン酸(ATP)およびクレアチンリン酸(クレアチンリン酸)の含有量が増加する
  • 急性冠不全による再灌流症候群の結果の重症度が軽減され、
  • 心臓の電気的活動とその収縮性が回復し、改善されます(可逆的なタイプの心機能障害の患者の場合)。

Mexidol IVまたはIMで治療することにより、冠状動脈疾患および低酸素症による進行性のニューロパシーの患者の眼の網膜の敏感な細胞の神経線維だけでなく、神経節細胞を保存することができます。

さらに、患者の眼および視神経の網膜の機能的活動の著しい増加が認められ、視力が増加します。

メキシドール錠による治療の抗ストレス効果は次のように表されます:

  • 障害のある学習能力の(部分的または完全な)回復、
  • メモリ回復
  • 脳のさまざまな部分のジストロフィーおよび形態変化の重症度を軽減し、
  • ストレス後の行動の正常化、
  • 体性成長障害の症状の消失、
  • 睡眠および覚醒サイクルの正常化。

メキシドールはまた、離脱症状で発生する症状を効果的に除去する治療薬です。

1適応

薬物は組織の酸化プロセスを一時停止し、組織の破壊を防ぎます。薬は、抗毒性と抗低酸素特性を持っています。薬には抗炎症作用があり、ストレス要因、ショック、中毒、低酸素症の病理学的影響に対する身体の抵抗力を高めるのに役立ちます。この薬は体の回復を促進するため、膵炎の複雑な治療の一部として使用されるものを含む体性疾患の治療に適応されます。

メキシドールは敗血症性化膿性合併症の発症を防ぎ、膵炎の治療に不可欠な部分です。

メキシドールは以下に適応されます:

  • 膵炎
  • 脳の循環障害、
  • VVD、
  • 脳卒中の結果、
  • 体の中毒を伴う脳損傷、
  • 神経症
  • 慢性疲労症候群
  • ストレスへの暴露
  • 虚血
  • 心不全
  • 狭心症。

2リリースの構成と形式

薬物の活性物質はエチルメチルヒドロキシピリジンコハク酸塩です。

薬剤の放出形態は125 mgの錠剤です。

5禁忌

このような場合、薬は禁忌です:

  • 肝臓と腎臓の病理、
  • 薬物の成分に対する不耐性。

この薬は肝臓の病理学では禁忌です。

適応と禁忌

この薬は、次の場合に使用することが示されています。

  • 脳血流障害、虚血の負の症状。
  • 軽度の外傷性脳損傷、そのような損傷の結果の中和。
  • 脳症
  • 栄養性ジストニア。
  • アテローム性動脈硬化症を伴う軽度の障害。
  • 不安、ストレス、不安の状態。
  • 神経症。
  • 心の虚血。
  • アルコール依存症に起因する神経系の障害の抑圧。
  • アルコール、薬、向精神薬による急性中毒。
  • 無力症。
  • ストレスの多い、極端な状況、重い負荷による身体障害の予防。
  • けいれん。
  • 恐怖症。
  • 硬化症

実践的な研究により、この薬は酵素中毒から身体を保護し、急性膵炎の炎症過程を止めるのに役立つことが示されています。

薬の使用は禁止されています:

  • 個人的な不寛容。
  • 急性腎不全。
  • 急性肝不全。

薬物療法はまだ十分に調査されていないため、妊娠中、授乳中の母親、および幼児には服用しないでください。

全身に対する薬物の治療効果


薬は抗酸化物質のグループとして分類され、次のアクションを実行します。

  1. フリーラジカルの形成を抑制し、細胞を病原性の影響から保護します。
  2. 細胞膜を外部の負の要因(毒素、フリーラジカル)およびさまざまな種類の損傷から保護します。
  3. 細胞膜の構造と機能を改善します。
  4. 体から毒素を除去するのに役立ちます。
  5. 警告し、臓器の酸素不足の悪影響を弱めます。
  6. ストレスの悪影響から臓器を保護し、ストレス耐性を高めます。
  7. 脳の機能を刺激し、記憶を改善します。
  8. 筋肉のけいれんを和らげます。
  9. 重症度を軽減し、恐怖感、不安、不安、感情的ストレスを抑えます。
  10. 神経インパルス伝導と血液微小循環を改善します。
  11. 覚醒状態と睡眠サイクルを正常化します。
  12. 血流を活性化します。

抗酸化作用と膜保護作用という2つの主な機能により、薬にはそのような効果があると考えられています。

メキシドールはコレステロールを低下させ、心拍数を正常化し、心筋膜酵素の活性を刺激し、不整脈のリスクを軽減し、虚血ゾーンの心筋収縮性と血流を改善するという仮定があります。この薬は、膵臓の急性炎症の毒素による身体への損傷の程度を減らします。

膵臓への影響


薬物は、膵臓自体とその酵素機能に直接影響しません。同時に、薬物は刺激因子の悪影響から身体の細胞を保護し、酵素プロセスの障害により発症する可能性のある身体の中毒のリスクを大幅に低減します。このアクションは、炎症プロセスを停止し、患者の状態を改善するのに役立ちます。

膵炎のメキシドールは、身体の酵素的、内因性中毒を防ぐために、複雑な治療の一部としてのみ処方されます。この薬は、膵臓細胞の膜構造を改善し、フリーラジカルやその他の有害物質の悪影響から膵臓細胞を保護します。これは炎症の緩和に寄与し、損傷した臓器組織の再生を促進します。

膵臓の炎症により、消化酵素の腺から腸への流出は困難です。したがって、秘密のほとんどは腺で活性化され、その壁を消化し始めます。その結果、一方では臓器組織が損傷し、他方では食物の一部が未消化のまま残り、発酵して腐敗し始めます。腺の損傷組織の死(壊死)のために、腹腔内の酵素の積極的または長期の作用により、化膿性炎症が発生し始めます。

そのようなプロセスの影響下で、毒素が病変部で生成され、血流とともに他のすべての器官およびシステムに分配されます。これにより、患者の状態が著しく悪化し、重篤な合併症、さらには死に至るリスクが伴います。酵素的、内因性中毒には、しばしば次のものが伴います:

  • 急性痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 椅子の違反
  • 混乱、
  • 動。

Mexidolは、毒素の悪影響から臓器を保護し、迅速な排出を促進し、患者の中毒のリスクを大幅に低減します。薬はまた、有毒なプロセスの症状の重症度を軽減し、それらを停止します(薬を服用する前に発症し始めた場合)。

メキシドールは毒素、フリーラジカル、膵臓の刺激作用から細胞を保護します。これにより、より早く回復する機会が得られます。さらに、薬は筋肉のけいれんを防ぎ、抑制します。腺の炎症により、痙攣はしばしば膵臓に影響を及ぼし、消化酵素の通過を妨げます。この症候群を取り除くことにより、薬は膵臓分泌物の流出を改善するのに役立ちます。

膵炎への応用の特徴

Mexidolは膵炎を助けますか、この病気に苦しんでいる多くの人々にとって興味深いです。結局のところ、指示はこの薬が膵臓の炎症に適応​​されることを直接示していない。しかし、薬はしばしば、酵素および薬物中毒の予防または軽減のための複雑な療法として処方されます。

実践的な研究により、メキシドールを服用すると炎症プロセスを止め、中毒の症状を迅速に緩和することが示されています。薬を服用して5日目に、吐き気、嘔吐、burning熱感、右心気症の痛みが通常通ります。

メキシドールは、主に急性膵炎、腹腔内の化膿性炎症プロセスの発達(腹膜炎、化膿性膵炎)、慢性疾患の悪化に使用されます。手術中に使用される物質による身体の中毒のリスクを減らすために、術前および術後期間の最初の日に(腹腔内での外科的介入を伴う)薬を処方することもできます。

考えられる副作用

薬物耐性はかなり良好です。ただし、次のような副作用:

  1. 吐き気
  2. 嘔吐
  3. 口が乾きました。
  4. 便の違反。
  5. 鼓腸。
  6. げっぷ。
  7. 胸焼け
  8. 膨満感、膨満感。
  9. ゴロゴロ、腸内での発酵。
  10. 頻繁に眠りたい。
  11. 無力、無気力。
  12. 食欲減退。
  13. かゆみ、burning熱感、皮膚の発赤、発疹などのアレルギー反応。

血圧障害のケース(減少または増加)、調整の問題も記録されました。車を運転したり、集中力を高める必要がある作業を行う前に、薬を使用しない方が良いでしょう。

使用コースと投与量の特徴


メキシドールによる膵炎の治療は、医師のみが処方できます。彼はまた、薬物の投与量、治療期間を設定します。

1日あたり1つまたは2つのアプローチで、1つまたは2つの錠剤で治療を開始することをお勧めします。徐々に、投与量は1日あたり6ピルに増加します。その後、治療が完全に停止するまで、投与量を再度減らします。

説明書に記載されている一般的な推奨事項によれば、錠剤は125-250 mgを処方されています。 1日3回。 1日あたり800 mgを超える量は摂取しないでください。薬(6ピル)。通常、治療期間は2〜6週間で、アルコール中毒の徴候を取り除くには5〜7日で十分です。薬の服用を突然中止することは不可能であることに注意することが重要です。数日間にわたって、薬の投与量は徐々に減らされ、その後薬はキャンセルされます。

輸液は1日に3回投与される場合があります。管理の間に8時間の休憩が必要です。薬物の最大日用量は、患者の体重1キログラムあたり6〜9 mgです。この場合、単回投与量は250 mgを超えてはなりません。また、1日投与量は800 mgです。

薬物の類似体


メキシドールの代替品は次のとおりです。

  1. アルマディン。
  2. ヴェノカ。
  3. ザメクセン。
  4. メキシミドルム。
  5. メキシプリム。
  6. ロディクセム。
  7. Nicomex。
  8. エルフナット。
  9. 低酸素
  10. ポリニューリン。

これらの薬は同じ組成であり、効果は完全に似ています。薬の最も安価な類似体はアルマジンです。他の薬の価格はほぼ同じです。鎮静剤として、メキシドールはグリシセットに置き換えることができます。医師に相談した後にのみ、処方された薬をアナログに置き換えてください。

患者のレビュー

ヤナ、29歳:メキシドールは、膵炎の急性発作の2日目に処方されました。良い治療法。 3日後、鋭い痛み、吐き気、めまいが感じられました。また、頭痛を効果的に取り除きます。副作用はありませんでした。

Sergey Vladimirovich、56歳:膵炎のメキシドールは、体内の酵素プロセスの違反の結果としてしばしば起こる酵素中毒の強度を予防または軽減するために、複雑な治療としてのみ処方されます。薬は、手術前と腹腔の手術後の最初の数日間にも使用されます。効果的な抗毒性、膜保護特性があります。

38歳のオクサナ:この薬は、膵炎の急性発作の複雑な治療に処方されました。薬は効果的に働きましたが、私は眠くて無気力でした。治療計画にメキシドールを含めた後、心気症の痛み、,熱感が過ぎました。鎮静剤としても有効です。私は病気で非常に緊張し、メキシドールを服用した後、落ち着いて正常に眠り始めました。

  • 膵炎の治療のための修道院費の使用

病気がどれだけ早く後退するか驚くでしょう。膵臓の世話をします!朝に飲むだけで10,000人以上の人々が健康の著しい改善に気づきました...

膵炎の発症のためのTrichopolum薬の服用方法

基本的に、それは病気の急性発作または慢性疾患の感染性合併症の複雑な治療の一部として処方されます。

Maaloxの治療効果と膵炎での使用のスキーム

粘液の生成を促進し、消化器官の壁を包み込み、それらをマイナス要因から保護します。これにより、急速な治癒が促進されます。

膵炎の治療のために薬ノルパザを服用するためのスキームとルール

薬の使用は、潰瘍の形成、壊死を防ぎ、炎症過程の沈下にも貢献します。

ホメオパシーで膵炎を治療する方法と膵臓への影響

ホメオパスは、そのような薬の助けを借りて、安定した寛解を達成し、膵臓の保護機能を回復することが可能であると信じています。

メキシドールは急性膵炎に対して処方されました。 1ヶ月かかりました。治療は助けました。

投与量と投与経路

使用説明書には、メキシドールの錠剤が1日3回125-250 mgで経口摂取されることが示されており、1日の最大投与量は800 mg(6錠)です。治療期間は、アルコール離脱の緩和のために2-6週間-5-7日です。治療は徐々に停止し、2〜3日間用量を減らします。

初期用量は125〜250mg(1〜2タブ)です。治療効果が得られるまで徐々に増加しながら1〜2回/日、最大1日用量は800mg(6タブ)です。

冠状動脈性心臓病の患者の治療期間は、少なくとも1.5〜2ヶ月です。繰り返されるコース(医師の推奨による)は、好ましくは春秋の期間に実施されます。

薬物相互作用

メキシドールは、ベンゾジアゼピン誘導体、抗パーキンソニアン(レボドパ)および抗けいれん薬(カルバマゼピン)薬の抗不安薬の作用を高めます。

メキシドールはエチルアルコールの毒性作用を軽減します。

Mexidolを服用している人々のレビューをいくつかピックアップしました:

  1. セルゲイこの薬について多くの肯定的なレビューを聞いた:副作用は非常にまれであり、基本的に薬は忍容性が高く、メキシドールはさまざまな脳血管障害に非常に効果的です。これらの要因の組み合わせにより、医師はすでに複雑な治療を特別にためらうことなく処方することができます。
  2. エレナ。冬のセッション中に脳を活性化するために丸薬を飲みました。医者は禁止しませんでした、価格は学生にとって手頃です。髪が良くなり、爪が強くなり、記憶の問題が消えたことがわかりました。投与量は中程度で、コースは14日間でした。禁忌がない場合、すべての生徒に私の準備方法をお勧めします。
  3. ジャンヌ腫れた神経系のための素晴らしい薬。錠剤から、ジストニアから来た最高。それは役立ちますか?間違いなく! VSDの症状はすべて個人的に鎮静しました。しかし、一連の投与後、ほとんどの症状は再発します。心臓専門医と神経専門医の両方が賞賛されました。タブレットは非常に普遍的です。公式には処方箋で販売されていますが、ほとんどどこでも販売されていません。私は丸薬を食べました、注射はずっと良くなると思います。
  4. アンドレイ。彼はメキシドールを10滴飲んだ。生まれ変わるかのように!頭は18年のように新鮮です!そして私は48歳です。これは2つのクローン動脈瘤の後にあり、そのうちの1つは3年前に爆発しました。 Mexidol Chusovayaを服用した後、私は新鮮になり、頭が完全に開きました。アドバイスする....

一般的なアナログのリストとそれらの平均コストをご紹介します。

  • 53こするからメキシダント。 1アンペアの場合、
  • 180摩擦からのメキシプリム、
  • 161こするからメドメクシ。 1アンペアの場合、
  • 160ルーブルからの名刺。 5アンペア用5ミリリットル、
  • 39ルーブルのニューロックス。 1アンペアの場合、
  • 157こするからメキシフィン。 1アンペアの場合、
  • 175こするからメキシコ人。

比較のため:2 mlに50 mgのアンプル1個は52ルーブルの価値があります。

化学組成が異なるが、同じ疾患の治療に使用される類似製品には、次のものがあります。

  • インステノン
  • グリシン
  • コルテキシン
  • ヌートロピル
  • ピラセタム
  • アルマディン
  • 対前線
  • Actovegin、
  • キャビントン。

2つの薬が処方されるスキームがあります(構造的な類似物ではありません!)同時に。これは完全に正当化されているため、効果は病因のさまざまなメカニズムに影響します。

アナログを使用する前に、医師に相談してください。

メキシドールまたはミルドロネート?

ミルドロネート(トリメチルヒドラジニウムプロピオネート)は血管拡張薬であり、組織への酸素供給を改善し、体液性および組織免疫性を高め、血圧を下げ、冠動脈疾患の治療に使用されます。

薬物は互いに補完するため、離脱症状、脳への血液供給障害のために、メキシドールと組み合わせて処方することができます。

メキシドールまたはキャビントン?

キャビントンの有効成分は、ツルニチニチソウに含まれるビンカミン(デビンカン)の半合成誘導体であるビンポセチンです。脳の血液循環を改善するために使用される血管拡張薬です。血圧をわずかに下げ、グルコースと酸素の脳への供給を改善します。また、眼科、耳鼻咽喉科の加齢性疾患の治療にも使用されています。

両方の薬剤は相互に補完し合い、脳血管障害の治療にしばしば一緒に使用されます。これらの薬を1つの点滴器に混ぜることは望ましくありません。別々に入れるほうがよいでしょう。

成人の膵炎の治療

現代の生活のペースを背景に、非常に多くの人々がこの病気に苦しんでいます。膵炎に対してどの薬を服用すべきかを理解するには、治療の主な目標を決定することが重要です。また、病気自体のタイプ(急性または慢性)を確立する必要があります。成人の膵炎の治療の目的は次のとおりです。

  • 鋭い痛みを和らげる
  • 損傷した臓器の炎症プロセスを排除し、
  • 合併症の発症を防ぎます。

選択した治療コースだけでなく、その期間と強度もこれらの要因に依存します。

食事と薬物は、いずれにしても治療の必須の補完的な要因です。多くの人が驚いて、私が薬を服用していると思うと言いますが、私はさらに気分が悪いです。なぜこれが起こっているのですか?ほとんどの場合、そう言う人は自分の食事療法に従っていません。食事の遵守は、炎症を起こした臓器の負担を軽減するだけでなく、その機能を促進します。理想的には、病気の発症を引き起こす製品は毎日のメニューから除外されるべきです。 1回の食事をスキップしないでください。患者が大量の塩を含む辛くて脂肪質の食物を拒否するならば、それは良いでしょう。スモークされた肉や漬物、およびスパイス、食用色素の割合が非常に高い製品は使用しないことをお勧めします。何年もの間、チップ、クラッカー、その他の人工食品の存在を忘れるべきです。食べ物は分けて、みじん切りにするか、すりおろす必要があります。その部分は小さくされ、タンパク質と炭水化物の量は減らされます。すべての推奨事項を考慮すると、食事療法は治療的になります。

飲むのが好きな人は、異なる強さのアルコールを長い間飲むことを忘れるべきです。

高品質の治療のための最も重要な条件の1つは、きれいな純水の大量摂取です。これは、患者の体内の水分不足を補うのに役立ちます。そして飲み物は膵炎の悪化を防ぎ、治療のコースを加速します。ハイドロセラピーに加えて、薬物の摂取量を監視する必要があります。患者の状態が悪化した場合、薬物療法の量を増やす必要があります。増悪時には、医師は食物を食べることを控えることを勧めます。ガスなしでミネラルウォーターを飲むことができます。これには、LuzhanskayaまたはEssentukiが適しています。通常、このような食事の期間は3日間です。しかし、状態が改善したときに食事を増やし、服用する薬の量を減らすことができるのは良いことです。このため、膵臓の問題は完全な生活を妨げません。

適切な薬の選択

膵炎で飲むものを見つけるには、専門家に相談する必要があります。最善の解決策は、医師のすべての推奨事項に従うことです。厳しい食事療法を維持し、薬物の摂取を制御し、新鮮な空気の中にいる可能性が高く、移動が少なくなることが必要です(病気の急性期)。この行動のみが、患者が病気の不快な症状を取り除くのに役立ちます。

病気の症状と膵臓膵炎の不快感を取り除くために、さまざまな種類の薬を処方することができます:

  • 鎮痙薬
  • ヒスタミン受容体のH2遮断薬、
  • 制酸剤

他の種類の薬もあります。それらはすべて個別に選択されます。いずれかの薬が膵炎で飲めるかどうかを判断するには、膵臓の炎症性変化を考慮する必要があります。最も深刻な症状(例:吐き気、腹部膨満、便秘、痛み)を特定することが重要です。多くの場合、メキシドールは急性型壊死性膵炎の治療に使用されます。それは顕著な抗酸化と膜保護効果を持っています。薬物は筋肉内投与または経口投与されます。メキシドールは術前と術後の両方の最初の日に処方されます。この物質はこの病気の他の薬とうまくいっていますが、メキシドールは腎不全の患者には使用すべきではありません。

病気を取り除くための薬物の現代市場は非常に広い。膵炎で飲むことができるほぼすべての種類の薬は、医師の処方箋なしで薬局で調剤されます。しかし、病気の膵臓でどの薬を服用できるかを自分で決めることは固く禁じられています。

鎮痙薬

膵炎では、鋭い不快感が現れることがよくあります。それらを止めるには、鎮痙薬と鎮痛薬を服用してください。これらの薬は、膵炎の患者の場合は常にあなたと一緒にある必要があります。そのような薬には、Analgin、No-shpu、Baralgin、およびParacetamolが含まれます。中程度の痛みがあれば、ピルを服用するだけで十分です。患者に膵炎の急激な悪化がある場合、これらの薬物の筋肉内注射を行う必要があります。強すぎて耐えられないほどになった痛みをどのように治療するのですか?この場合、通常のタブレットは人を助けません。その後、特別な鎮痛剤を導入することが許可されています。

抗生物質はほぼ常に処方されています。これは、膵炎を別の方法で治療しても意味がない場合に特に当てはまります。膵臓自体の炎症過程を緩和するために抗生物質が必要です。錠剤は中毒性のアレルギー反応を引き起こすことがあるため、自分で処方することはできません。セフォタキシムなどの膵炎の薬のような急性型の病気の兆候を止めるために、アンピオクを処方することができます。食後は薬をお勧めします。この場合、それらはより良く吸収されます。

ヒスタミンH2ブロッカー

このグループの薬は、膵炎を治療する主な方法と考えられています。それらを受け入れると、それらは左心気症の痛みを大幅に軽減し、身体の一般的な状態を改善します(嘔吐、不快感を緩和し、消化プロセスを改善します)。このような薬は大人と子供の両方に適しています。医師は、膵炎が慢性疾患の段階に達したときにそれらを処方します。薬の機能は酵素を生成することです。彼らは膵臓を長年にわたって良好な状態に維持するのを助けます。したがって、そのような薬物による治療の過程には何年もかかる。患者の体は特定の物質に対して異なる反応をする可能性があり、これは純粋に個人的なものです。最も一般的な酵素薬は、パンクレアチン、パンクルメン、パンクエン酸塩です。

医師は、彼らの採用をビタミン複合体と組み合わせることを勧めます。

慢性型の膵炎のいくつかの変形では、抗酵素製剤が処方される場合があります。しかし、彼らは病気の経過の最初の数時間でのみ助けます。このような薬は、スポイトで患者に静脈内投与されます。アンテンザイム療法は、高血症および膵臓浮腫のある人に適応されます。これらの薬物の別の欠点は、アレルギーのリスクが高いことと、アナフィラキシーショックのリスクです。したがって、非常にまれなケースでは抗酵素製剤が使用されます。

制酸剤およびその他の薬物

このグループの薬は、例えば、病気の間に外分泌機能不全が観察された場合など、膵臓の炎症の場合に二次症状を取り除くのに役立つという点で注目に値します。この悪化は、膵臓の痛みを訴える患者の間では珍しいことではありません。この欠乏は、十二指腸の機能障害を簡単に引き起こします。この場合、以前に示された薬物は薬物膵炎を悪化させるだけであり、食事をきつくすることは無意味な飢starになります。その後、医師は通常、膵臓膵炎の治療中の痛みの増強中にフォスファルゲル、アルマゲルまたはその他のアルカリ性液体混合物を服用することをお勧めします。

また、抗分泌薬(サンドスタチン)を治療中に処方することもできます。ただし、ほとんどの場合、メキシドールやエッセンシャルなどの抗酸化薬は、薬物曝露の不可欠な部分になります。

タイプ2の薬はめったに処方されません。上記の薬はすべて、時間と膨大な数の患者によって検査されます。最良の推奨事項はメキシドールです。それは、酵素タイプの中毒のレベルを低下させ、刺激因子に対する身体の抵抗力を高めることができます。多くの医師によると、この薬は国内市場で類似体を見つけることは非常に困難です。お金の価値は多くの消費者を魅了します。この薬は細胞のエネルギー供給を最適化し、身体の予備能力を高めます。 Mexidolの投与量は純粋に個別に決定され、徐々にキャンセルされます。

投薬ガイドライン

治療の最も重要な側面の1つは、薬を管理する能力です。適切な薬の選択は成功の半分に過ぎません。多くは、それらを受け入れる人の勤勉さに依存します。

膵炎に薬物を使用する方法の特性があります。各ルールを順守する必要があります。

  1. 患者の状態が急激に悪化した場合、すぐに鎮痛剤を飲む必要があります。
  2. 酵素は食事中にのみ、抗生物質はその後に導入されます。
  3. ピルを飲むには、純粋なまだ水を購入します。
  4. 治療中、いかなる強さのアルコールを飲むことも禁じられています。
  5. 専門家に相談した後でのみ、治療の途中で治療を停止または一時停止することをお勧めします。

上記の各項目は必須です。意識的な投薬と主治医のすべての推奨事項の順守にもかかわらず、患者の状態が悪化した場合、救急車をすぐに呼び出さなければなりません。

適切な薬を選択すれば、膵炎の症状を取り除き、患者の健康を改善できます。

ビデオを見る: Ryan Reynolds & Jake Gyllenhaal Answer the Web's Most Searched Questions. WIRED (十一月 2019).

Loading...